スイーツ

October 23, 2019

パティスリー トゥーストゥース@神戸三宮

お目当てのパティスリーもいくつかあったのですが、残念ながら定休日が多く、
三宮まで戻る途中、開いていた「Patesserie Tooth Tooth 本店」に行きました。
サロンも併設しています。

76784561_2592281197484392_2255679857075683328_n


本店限定のパリブレストは買いたかった一品。

75392681_2592281127484399_4201963283898433536_n


あと、この時期はモンブランも外せません。
発酵バターのフィナンシェなど焼き菓子もいくつか購入しました。

75362341_2592281027484409_6582225934479261696_n


ホテルに帰ってから、ティータイム。
袋や箱も可愛いです。

PA220215


居留地のパリ・ブレスト

本店限定のパリ・ブレストは、さっくりと香ばしく焼き上げたシュー生地とアーモンドに、濃厚なプラリネクリームと生クリームをはさみ、オランジェットの香りがアクセントに。

PA220217


モンブラン

シェフが選んだ各地の栗を絶妙にブレンドしたというモンブラン。
スペインガリシア産の栗と愛媛産中山栗の2種類のマロンペーストやムースとメレンゲ、バニラクリーム。ショコラマカロンやクルミ、栗をのせて。

PA220218


どちらもとても美味しかったです。



「パティスリー トゥーストゥース本店」

兵庫県神戸市中央区三宮町1-14-11 ラティス三宮

078-334-1350


ranmarun at 13:30|PermalinkComments(3)

August 04, 2019

プリンス オブ ザ フルーツ@福岡

鮨屋の後は、徒歩数分の「PRINCE of the FRUIT」に行きました。
3年前にできたフルーツパフェのお店です。

68504405_2443768839002296_5613161259575803904_n


スタイリッシュな雰囲気のバーカウンターがあり、産地にこだわった旬のフルーツをふんだんに使った美しい盛り付けのパフェ。前から行こうと思っていたのですが、この時期の桃パフェが食べたくて来ました。

67874715_2443768845668962_5131858436882956288_n


夏のこの時期のフルーツは、桃と葡萄。
他にメロンや無花果もあります。
メニューの紫テープは売り切れで、山梨県産一宮プレミアムの桃と、広島クインニーナという葡萄は完売。長野の桃と岡山のシャインマスカットのパフェをオーダーしました。

68493644_2443768929002287_540504754980126720_n


長野県川中島産”輝々桃(きらきらもも)”の桃パフェ

桃一個を綺麗にカットして重ね合わせ、下にはホワイトチョコとマカデミアナッツのジェラートとヨーグルトのジェラート。

P8010197


やわ過ぎず、しっかりとした食感の中に、完熟な桃の甘みと少しの酸味があり、バランスがいい桃がとても美味しいです。

P8010201




岡山県産”晴王” シャインマスカットパフェ

食べるエメラルドと言われる晴王というシャインマスカット。
まだこの時期はハウス栽培の初物だそうです。

P8010200


下にはクリームチーズのジェラートとローストピスタチオのジェラート。
どちらも濃厚なのですが、まだ新物のシャインマスカットの甘みを引き立ててくれます。

P8010199



甘味は苦手なのですが、果物はたっぷりなスイーツは大好きなので、次回も他の季節のフルーツを味わいにいこうっと。


「プリンス オブ ザ フルーツ」

福岡県福岡市中央区薬院4-18-17 レイナビル1F

092-753-9600




ranmarun at 14:30|PermalinkComments(0)

July 28, 2019

中村藤吉本店 銀座店@銀座

「中村藤吉本店 銀座店」に行きました。

銀座SIX4Fにあるお店。本店は京都宇治にあります。
両親がここのパフェが何かのTV番組に出たのを観た時に行きたかったそうなので、行列を覚悟で訪問。
予測通り、30人近くの人が待ち行列でした。
1時間は待つかなと思っていましたが、なんとか40分待ちくらいで入店できました。
とはいえ、銀座SIXは初めて来たので、母と私はウインドーショッピング。
その間行列に並んでくれた父に、ごめんなさい、ありがとう。

68286051_2429753920403788_589754114171207680_n


まずは、お茶が出てきます。
夏季には、最初の一煎目は冷たいお水で水出しにして、その甘みを感じます。
二煎目からは、ポットに入ったお湯で淹れます。
さすがお茶屋さん、緑茶が美味しいです。

P7280028


茶ゼリイ[深翠](ふかみどり)


私が頼んだのは、本店で不動の人気を誇る、生茶ゼリイ[抹茶]の銀座店限定バージョンの[深翠]
ロイヤルコペンハーゲンの器が素敵です。

P7280029


より上質な抹茶の味と香りを凝縮した生茶ゼリイは、白玉が添えてあります。
鮮やかな抹茶の香りと清々しい香り。その苦みを活かしながら、柔らくも適度な弾力があるプルンとした独特の食感。白玉が添えてあります。

P7280030


別皿には、抹茶アイスと特製抹茶餡。
丹波の黒豆と栗甘露。
最初は、ゼリイだけの食感と香りを楽しみながら、後で抹茶アイスや抹茶餡を投入して、冷えた温度感や甘みを楽しみながら、時折食べる黒豆や栗で舌のリセット。
甘いものはあんまり得意ではないですが、こういう甘味はいいですね。

P7280031



茶ごろも

父が頼んだのは、吉野本葛を使った葛餅に、とろとろの抹茶餡をかけたもの。
一日数量限定ですが、まだありました。
注文を受けてから練り上げた葛餅に、「宇治の昔」という緑色鮮やかで濃厚な抹茶餡は、その苦みの中に奥深い甘みがあります。
もちっと弾力があるした葛餅にこの濃厚な抹茶餡が印象的です。
甘さは控えめですが、柴漬けを合いの手に。

P7280033


別製まるとパフェ

母が頼んだのは「別製まるとパフェ」
これも銀座限定だそうで、「別製」という最高品質の抹茶だけが持つ気品ある甘みや旨味、優雅な香りをパフェの中に閉じ込めています。

P7280035

その説明にもそれぞれのお茶のこだわりを感じます。

P7280032


上から抹茶生クリームは、「成先の昔」という甘みと苦渋みのバランスが良く、えぐみがない抹茶を使い、中の文字は、「鮮雲の白」というキレのある苦渋味のある抹茶が全体の甘みを引き締めます。
その下には、別製抹茶のアイスクリームと抹茶のシフォンケーキ。
ラズベリー、白玉、渋皮栗、あわぽんの食感を間に挟んで、抹茶餡と生茶ゼリイ[抹茶]。
さらにさくさく小豆とミルクソフトクリーム。
底には、濃茶「成光の昔」一服分の抹茶を練ったソース。
それぞれが層になっていて、ボリュームがあるように見えますが、抹茶中心なので、さっぱりと。

P7280034


なので、私がつまむ隙もなく、ぺろりと食べた母。
どうやら美味しいスイーツは別腹のようです。
売店のコーナーでお茶を買い、さらに銀座のウインドーショッピングへ。
東京の暑さに負けず、二人とも食欲旺盛で元気なようで安心しました。


「中村藤吉本店 銀座店」

東京都中央区銀座6−10−1 GINZASIX4F

03−6264−5168

10:30〜20:30の通し営業ですが、予約は不可。


続きを読む

ranmarun at 14:00|PermalinkComments(0)

February 21, 2019

フロリレージュ〜Gari-Garilege〜@外苑前

「フロリレージュ」に行きました。

この日は、川手シェフが海外イベントのため不在なので、他のスタッフ達が裏営業で限定Openする「Gari-Garilege ガリーガリレージュ」へ。前回はかき氷とおでんでしたが、今回はかき氷とラーメンを提供するということでした。


13938397_1125982204114306_196351650635177226_n


















12時の開店前に到着し、1番のりでお店に入りました。
ウェイテイングスペースでかき氷のメニューを見ながら、どれにしようか迷います。
・金柑×ハーブティー 1600円
・柚子×フロマージュブラン 1700円
・安納芋×蜜  1700円
・いちご  1800円
・メレンゲ×いちご  1800円
・アマゾンカカオ×マサラチャイ 1800円
・アマゾンホワイト×ふきのとう 1800円


53265484_2182638848448631_1815962239182569472_n


















ラーメンはフロリ麺と称して、自家製麺と醤油ベースのスープのラーメンだそうです。

53570972_2184667328245783_4298582490232127488_n


















12時になると、ダイニングルームに案内されました。

P2210042


















飲み物はお茶が3種類用意されています。
・煎茶 奈良 月ヶ瀬
・紅茶 佐賀 嬉野
・ジャスミン茶 台湾杉林渓烏龍


P2210044


















P2210043


















紅茶とジャスミン茶を頂きました。70℃くらいに温めてあります。

P2210047


















フロリ麺

醤油ベースのスープは、鰹と昆布の合わせ出汁と干し椎茸の出汁で鶏ガラを煮込んでいるそうです。
麺は普段パンを作ってもらっているルルソールで作ってもらったそうです。
味付け卵と浅葱に海藻バターがのっています。

P2210049


















麺の中にチャーシューも隠れていました。

P2210051


















柔らかく煮込まれたチャーシューは美味しいです。麺は小麦の香りがしますが、コシがなくゆるっとした感じで、もう少しシコシコとした食感があるといいのにな。スープもちょっとぬるかったのが残念。
全体的にパンチが足りない気がしましたが、まあフレンチレストランが作るラーメンですからね。


P2210050


















かき氷は迷ったあげく、いちごとアマゾンホワイト×ふきのとうにしました。

いちご

かき氷機で氷を削りながら、シロップをかけて苺を入れてという工程を繰り返しながら、何層も重ねて丁寧に作っていました。仕上げに苺のソースと苺をたっぷりのせて。

P2210052


















ふわっと軽くくちどけのいい氷とたっぷりの苺やソース。酸味や甘みもちょうどいいバランスで、苺好きには嬉しいリッチな苺の美味しさを味わいました。

P2210054


















アマゾンホワイト×ふきのとう

アマゾンカカオ×マサラチャイと迷ったのですが、ホワイトカカオとふきのとうの組み合わせが面白いなと思い、頼んでみました。

P2210055


















ホワイトカカオのシロップと蕗の薹のシロップと氷を何層にも重ねて、上にはアマゾンカカオホワイトのエスプーマと揚げた蕗の薹がのっています。ホワイトカカオのクリーミーな甘みに蕗の薹の苦みが合わさると、意外にさっぱりと食べられました。

P2210056



















「Florilege」

東京都渋谷区神宮前2-5-4 SEIZAN外苑B1

03-6440-0878



ranmarun at 12:00|PermalinkComments(0)

November 29, 2018

ブルガリのパネットーネ

知人に「BVLGARI」パネットーネを頂きました。
パネットーネはイタリア・ミラノの冬の伝統菓子です。イタリアではクリスマスの1か月前くらいに各家庭で焼かれ、親族や友人に配る習慣があります。
ブルガリでも日本国内では、銀座のブルガリ・イル・チョコラートでクリスマス時期限定で販売しているそうです。
まるで宝石が入っているかのようなマッドゴールドの箱に入っていて、高級感がたっぷりです。

PB230120



















箱の蓋を開けるとこんな感じ。ブルガリ・イル・チョコラートでは、パネットーネ酵母を用いた伝統的なレシピをもとに、毎年アレンジを変え、今年はアーモンドやオレンジピールやチョコレートを加えて焼き上げているそうです。

PB230121



















BVLGARIのロゴが入っているだけで、ゴージャスな雰囲気です。気になるお値段は後で調べてみると4000円(税込み)でした。

PB230122



















パネットーネは、一般的にはかなり大きなサイズですが、こちらは1〜2人前くらいの小さなサイズで甘さも控えめなので、そんなに甘党ではない私も喜びました
上にはお砂糖がのっていて、生地の中はふわっと軽いブリオッシュのような食感。ナッツやオレンジピール、ビターチョコレートのチップが合わさり優しい味わいです。

PB230125



















繊細な味なので、コーヒーよりも紅茶やシャンパンにも合う感じ。素敵なお土産をありがとうございました。

PB230124





















ranmarun at 18:00|PermalinkComments(0)

April 26, 2017

GOMAYA KUKI@表参道

「GOMAYA KUKI(ごまや くき)」に行きました。
今年3月12日に表参道にオープンした「ごまアイス」の専門店です。

・



















胡麻油などごま製品の老舗メーカー九鬼産業株式会社とグルメメディアを運営するfavyが組み、「世界一濃いごまアイス」と謳ったお店を開きました。

・



















アイス一個に9000粒の胡麻が使われているそうです。
ごまは抗酸化物質として働くリグナンが含まれていて、セサミンはよく知られている成分の一つですね。
カルシウム、マグネシウム、鉄、リン、亜鉛などのミネラルやビタミンA、B1、B2、B6、E、葉酸などや、脂質は、オレイン酸、リノール酸が80%を占め、タンパク質も豊富に含んでいます。
健康にもいいごまを甘いデザートで摂取できるのも人気の秘訣です。

・



















メニューは、くろ超特濃、くろ特濃、ごま塩、しろ超特濃、しろ特濃、つぶつぶ雑穀と6種類あり、その中から2種類のアイスを選んで500円です。
今回は、くろ超特濃としろ特濃を注文しました。

・



















プラスチックのカップは、横に筋模様が入った茶碗の形で、和の雰囲気を出しています。
まずは、「くろ超特濃」を食べてみました。ねっとりとした口どけで黒胡麻ペーストのような濃厚な風味です。
「しろ特濃」は、白胡麻の風味が優しくミルキーな甘さです。

・



















追いごまと追いごま油も用意されていたので、半分くらい食べてからかけてみました。

・



















追いごまは、白胡麻と黒胡麻に塩が入っています。胡麻の粒々食感と塩がアクセントで、胡麻の風味をよりはっきりさせてくれます。
追いごま油は、黒胡麻油ですが、かけると不思議に甘さがすっきりとして、よりミルキーな食感になりました。

・



















九種類の雑穀が入ったつぶつぶ雑穀やごま塩も気になったので、次回他の組み合わせも試してみたいと思います。ごま好きならば是非おすすめします。


「GOMAYA KUKI(ごまや くき)」

東京都渋谷区神宮前4-6-9 南原宿ビル1F

070-3265-0783


ranmarun at 14:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 14, 2016

Jacaues genin@パリ

甘いのもは苦手といいつつも、好きなショコラティエ。
「Jacaues genin (ジャック・ジュナン)」

マレのお店はサロン・ド・テもありますが、サンジェルマン近くにも支店を出したみたいです。
ほんとはマレの店でミルフィーユを食べたかったんですが、ランチの後だったのでお腹いっぱいでして、お土産を買いに。

・




















ショコラはいろんなフレーバーがあってもちろん美味しいです。
特にミント味はおすすめ。一般のチョコミントって薬臭くて嫌いなフレーバーだったんですが、ここのはフレッシュなミントの香りがショコラの中に閉じ込められていて溶け合う香りがたまらない。
これだけまとめ買いしたいくらいでした。

・




















そして、パート・ド・フリュイがカラフルで、しかも果汁が詰まっているようなフレッシュ感が美味しいんです。
野菜だけのパート・ド・レギュームもお勧めです。

・




















キャラメルも生キャラメルのいろんなフレーバーがあり、これも大好き。
この時期限定のマロングラッセもね。

・




















あ、ミントが残っているから買い占めたら怒るかしら^^;

・




















後は、近くのHugo&Victorへ。
ここは本のようなケースに入っているショコラがかっこいいです。
日本にも表参道ヒルズや新宿伊勢丹、二子玉川高島屋など支店が出ています。

・





















続きを読む

ranmarun at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 19, 2016

ひつじ@京都

腹ごなしにぶらぶら散歩していると「ひつじ」というお店を発見。

ちょっと気になったので中に入ってみると、ドーナツ屋さんのようです。

・




















ほぼ売り切れな感じでしたが、いろんな種類のドーナツがあります。
私が気になったのは、揚げ立てのプレーンドーナツに、その場でメイプルシュガーかきな粉か和三盆をまぶしてくれるというドーナツ。

・




















きな粉をまぶしてもらいました。揚げ立てのドーナツに細かなきな粉がファンデーションされています。
ふわっさくっとした食感に優しい甘さのきな粉。中はきめこまかな口どけの良い天然酵母の生地。
脂っぽさは全く感じず、でもどこか懐かしい揚げパンのようなドーナツ。
美味しかった〜♪

・




















買わなかったけど、ラスクも美味しいそうです。


「ひつじ」

京都府京都市中京区大炊町355−1

075−221−6534


その後カロリー消費するために歩いたのに、パン屋にも寄ってしまいました。
「Fiveran」へ。
中は広々としていて、ハード系のカンパーニュから、惣菜系まで種類豊富です。
めんたいフランスのでかさに驚いた。
カレーパンが売り切れで残念でしたが、ブリオッシュもいろいろ種類があり、いくつか購入。
奥のカフェでイートインもできるみたいです。

・





















「Fiveran(ファイブラン)」

京都府京都市中京区役行者町377

075−212−5696

ranmarun at 15:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 04, 2015

牛窓ジェラート工房 コピオ@岡山牛窓

牛窓港に再び戻ってきてから、牛窓オリーブ園に向かう途中、少し山側に上ったところにある「牛窓ジェラート工房 コピオ」に行きました。

・





















山本牧場の手作りジェラートを販売しています。周りにはたくさん人がいて、お店も行列が絶えません。

・




















種類は、しぼりたてミルク、オリーブ、抹茶、瀬戸内市産みかん、チーズ、ブルーベリー、マンゴー、山本農園産キウイ、チョコクッキー、山本農園産いちじく、牛窓名産白桃酒と11種類ありました。

・




















どれにしようか迷ったけれど、一番人気のしぼりたてミルク、オリーブ、瀬戸内市産みかんにしました。さっぱりとプレーンなミルク。オリーブは珍しいですが、この近くにある牛窓オリーブ園のものを使い、ほのかなオリーブの香りがします。みかんは、果肉が入っていました。

・




















近くにはオリーブの木がたくさん植えてありました。

・




















ジェラートを食べた後は坂道をさらに登り、牛窓オリーブ園まで来ました。
さらに階段を登っていくと、オリーブパレス展望台があり、瀬戸内の形式を360度見ることができます。
中には、このオリーブ園で作っているオリーブオイルの製品を売っている売店があります。

・




















展望台からの景色。瀬戸内海の前島やその他の小島、その奥に見えるのは小豆島ですかね。

・




















のんびりしていたら、日も暮れてきて風も冷たくなってきたので、降りて夕食の店に向かうことにします。

・




















途中近道をしようとしたら、なんとこんなところに山羊を発見!?道を通せんぼするんですけど〜。
奥にもう一匹いました(笑)

・





















「ジェラート工房 コピア」

岡山県瀬戸内市牛窓町牛窓479−4

0869−34−6446

ranmarun at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 19, 2015

Gunther Watte@ベルギー

「Gunther Watte Chocolade Cafe」に行きました。

ホテルのすぐ近くにあったショコラティエです。

・





















中に入るとほのかなチョコレートの香り。

・




















お土産にいくつか買っていこうかな。

・





















ジャムやコーヒー豆なども売っています。

・





















奥がイートインスペースになっていて、ドリンクやカクテル、ケーキなどが頂けます。
ここでの名物はショコラショー。
何種類かありますが、ビターチョコとミルクチョコの2種を頼みました。

・





















カップの中には、小さな半球体のビターチョコレートが入っています。

ショコラショー





















こちらはミルクチョコレート。共に泡立てた熱々の牛乳とチョコレートが添えてあります。

ショコラショー





















カップの中に牛乳を入れます。

・




















かき混ぜていくと、みるみるチョコレートが溶けていきます。
このぐらいの状態で半分溶けたチョコレートの粒々感を味わいながら飲むのも良し。

・




















完全に溶けた状態で飲むのも良し。
フランスで飲むショコラショーより、甘さ控えめで優しい味です。

・





















メニューはいろいろあって、ヨーグルトチョコエスプレッソとかグランマニエチョコエスプレッソとかも面白いです。

・





















コーヒーも種類豊富でした。

・





















・





















帰りにボックスでいろいろ購入しました。

その後はもう1軒ショコラティエへ。
「Burie」というアントワープにしかないお店です。

・





















アントワープにちなんだ手形のアントワープハンディーズやダイヤモンド型のチョコレートが人気のようです。
ここでもいくつか購入しました。

・























「Gunther Watte」

Steenhouwersverst 30,2000 Antwerpen

03 293 58 94


「Burie」

Korte Gasthuisstraat 3 ,2000 Antwerpen

03 232 36 88


ranmarun at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)