うどん

February 09, 2018

三好うどん@香川

うどん6軒目は、「三好うどん」に行きました。最寄駅は高瀬か比地大。少し山間の奥まった所にありますが、駐車場は広いです。まだ若いご夫婦がやっていらっしゃるので、敷地には、三輪車など玩具が。

・



















店内は満席。風が強くて暖簾も裏返っていましたが、なんとか並ばずに入れました。

・



















店内は木の造りで、手拭いに刺繍したメニューやドライフラワーは、手造り感あふれるほっこりする雰囲気です。

・



















粘土で作った動物の時計なんかもかわいいです。
お勧めの肉ぶっかけが売り切れだったので、とり天ぶっかけと釜たまを注文しました。

・



















とり天ぶっかけ 450円

揚げ立てのとり天がサクッとした衣でとても美味しいです。麺は中細麺にエッジがきいていて、葱や海苔、レモンはとり天に絞って。揚げ物がのったうどんとしては、とてもバランスが良く、つゆもいい塩梅です。
揚げ物が美味しかったので、次回は半熟玉子とかげそ天も食べてみたい。

・



















釜たま 300円

熱々のうどんに玉子と葱とだし醤油。お店の方がかけてくれるので、配分もちょうどいいです。

・



















天かすが香ばしく美味しかったので、さらにうどんにプラスしました。

・



















讃岐うどん巡りは、これにて終了。どの店もそれぞれに個性がありました。
たかがうどん、されどうどん。奥深いです。


「三好うどん」

香川県三豊市高瀬町比地1583−1

090−1000−7908

10:00~14:00 月曜休み



ranmarun at 13:00|PermalinkComments(2)

手打ちうどん 松岡@香川

うどん5軒目は「手打ちうどん 松岡」に行きました。

・・



















しっぽくうどんが気になりましたが、かけと醤油を頼みました。

・



















醤油 350円

宮武系の太めコシ強めのうどんです。おろし生姜と葱に醤油をかけて。
麺も塩が強いけど、エッジがきいた太麺は好みだなあ。

・



















かけ 350円

濃厚ないりこだしに絡むもちっと噛んで味わう麺が美味しいです。
つゆは若干濃いめなので、しっぽくうどんにして、野菜をのせたかったかも。この時点で5軒目。うどんばかりで野菜も天ぷらものっけていないので、なんか安らぐものが欲しくなりました^^;

・




















「手打ちうどん 松岡」

香川県綾歌郡綾川町滝宮1722

087−876−0988 

10:00〜13:30



ranmarun at 12:30|PermalinkComments(0)

February 08, 2018

谷川米穀店@香川

うどん4軒目は「谷川米穀店」に行きました。
三嶋製麺所からも10分くらいです。ただ山奥に進むにつれて、雪道が続きます。
駐車場も雪が積もっているし、お店に下る坂も雪がかいてあったけど、油断すると滑ります。

・



















開店間際だったので、並ばず入店。
うどんは小(150円)か大(280円)、温か冷を選びます。生玉子は50円。
値段は変わらずそのままでした。セルフサービスで注文して、お会計は後払いです。

・



















薬味は、葱、醤油、お酢、青唐辛子の佃煮、赤唐辛子、味の素、ユズスコなどがあります。
ここの青唐辛子醤油煮が好き。

・



















冷や(小) 150円

どんぶりに冷たいうどんだけ入れてもらって、薬味はテーブルにあるので、自分で調節します。
まずは醤油を少しかけ回して。茹で立てのつやつやと輝く中細の麺は、柔らかくつるっとした喉ごしで、まずは小麦の香りとほんのりした甘さをシンプルに楽しみます。

・



















あつ(小) 150円 玉子50円

どんぶりに温かいうどんを入れてもらい、生玉子をのせ、醤油をかけて混ぜます。釜玉風でからんだ玉子と醤油が、麺の甘みを引き立てます。

・



















おかわりして、冷やに青唐辛子醤油をのせて酢をまわしかけ、堪能しました。ここにあのつゆも入れたかったけど、これはこれで完成型な気がします。

・




















「谷川米穀店」

香川県仲多度郡まんのう町川東1490

0877−84−2409

10:30〜13:30  日休



ranmarun at 11:00|PermalinkComments(4)

三嶋製麺所@香川

うどん3軒目は「三嶋製麺所」に行きました。
まんのう町の琴南公民館の近くにある製麺所ですが、看板も暖簾もないので、非常にわかりにくいです。
この日は道路にも雪が積もっていまして、レンタカーのノーマルタイヤでは、お店の駐車場に上る坂もちょっと危ないかなと思ったので、手前に路駐。

・



















引き戸を開けると、左奥の厨房では、お婆ちゃんが麺を切っていて、若いお兄さんが麺を茹でています。昔ながらの製麺所という雰囲気ですね。右側には10席ほど座れるテーブル席があります。

・



















メニューはなく、熱いのか冷たいのか、大か小が聞かれます。
あつの小と冷やの小を頼みました。

ひや 小 140円

麺は中太の平打ち麺で、適度にエッジとねじれ感があり、もちっと柔らか。

・



















調味料は、葱、醤油、味の素、一味唐辛子、赤唐辛子、生玉子が用意されています。小麦の香りを味わいたかったので、醤油だけまわしかけました。味が物足りない場合は味の素をかけます。

・



















あつ 小 140円 玉子30円

あつには生玉子をのせて、醤油をかけます。
ひやよりもやわっとした舌さわりに玉子がからむと小麦の香りと麺の甘みを感じます。こしが強い麺ではないですが、優しい食感に癒されました。ちょっと出汁をプラスしたい感じでしたが、ここで、あ、せっかく買ったお出汁忘れた!と気づきました。車まで戻るのもなんなので、味の素を少しかけて食べました。

・



















帰りに持ち帰り用の生麺を3玉(450円)購入しました。後日、この麺を家で茹でて、上戸のおつゆと天かすで食べたらめちゃ美味しかったです。次回もここで麺を購入したいな。

「三嶋製麺所」

香川県仲多度郡まんのう町川東276

0877−84−2266

10:00〜16:30 金曜休み

三嶋製麺所は、2006年公開の映画「UDON」にも出てきました。





 













ranmarun at 10:30|PermalinkComments(0)

February 07, 2018

須崎食料品店@香川

2軒目のうどんは、「須崎食料品店」に行きました。
食料品店の横に併設した製麺所で、朝9時から営業しています。
「西端 上戸」からは40〜50分くらい。わりと早く着いてしまって、9時の開店時間まで30分くらい待つことになりました。一番乗り。

・



















いつもは整理券が配られるのですが、なんとなく入り口で待っていると、扉が開きました。
麺の大きさ(大か小)と温度(温か冷)かを選んで注文します。
温の大と小、冷の大をオーダー。

・



















お椀に入った茹で上がったうどんをもらったら、好みで薬味やつゆを注ぎます。卵は生玉子と温泉卵があります。お会計は食べ終えた後、お椀を返す時に自己申告して支払います。

・



















温 (大) 320円 生玉子2個 60円

まずは、茹で立ての熱々のうどんです。大盛りなので、生玉子は2個。醤油を回しかけて釜玉にします。
そして、玉子を熱々のうちに混ぜると、その熱で半熟に固まった白身やとろとろの卵黄の釜玉うどんの出来上がり。ほどよく絡んだ玉子と醤油だれが麺の甘みを引き出して、ぬるりとした食感とコシが絶妙です。

・



















冷 (大) 320円 

冷やは茹でた後、水で冷やすので時間差で来ます。
ここには葱と生姜をのせ、醤油たれは少なめに。エッジのある麺がねじれて出てくる食感に、アルデンテなもちもちしこしこ感、小麦の香りがふんわりと漂い、かみしめるほどに甘い。これがまさに求めていたうどんの味。
やっぱりここのうどん大好きです。大盛りはどちらも2.5玉くらいあるけれど、ぺろりと完食してまだおかわりしたかったくらい。冬は水が冷たいので、より麺が引き締まり、コシを感じる食感が最高です。

・



















さらに温(小) 200円には、上戸で買ったうどんだしをかけます。

・



















生姜と葱、そしていりこだし。熱々のうどんにお出汁の旨みがしみわたり、小麦の香りとだしが合わさるさらなる食感。これもめっちゃ美味しいです。美味しい麺に美味しいおだしが加わると素晴らしい。勝手に合わせただけですが、新たなコラボに感動。次回も麺つゆは必須だな。

・



















「須崎食料品店」

香川県三豊市高瀬町上麻3778

0875−74−6245

9:00〜11:30頃 麺が無くなり次第終了。水曜休み。


ranmarun at 09:00|PermalinkComments(0)

西端 手打 上戸@香川

香川に来たからには、讃岐うどんは外せません。
早朝からうどん巡りの旅が始まります。

朝6時半に高松のホテルを出て、目指すは香川の最西端にある「西端 手打 上戸」へ向かいます。
前回昨年の夏に行こうと思った時は、お休みのようでした。前日夜にTwitterで翌日の営業を確認したので、高速飛ばして1時間ちょっとで着きました。

燧(ひうち)のいりこは日本一の看板。

・



















目の前には、瀬戸内海の燧灘が広がり、その先には、いりこで有名な伊吹島が見えます。

・



















営業時間は看板には、8:00〜15:00と書かれていますが、実際には6:00から営業されています。
駐車場も広いです。

・



















中に入ると店主が麺を打つお姿が・・・

・



















メニューはかけと冷やかけ、冷やぶっかけの3種類。
冷やぶっかけ(小)とかけ(小)をオーダーしました。

・



















冷やぶっかけは冷たいうどんにぶっかけつゆを入れてくれます。かけはセルフでてぼに入れて温めます。

・



















葱や天かすはお好みで入れ、タンクからつゆを注ぎます。天ぷらもいろんな種類がありましたが、まだ数軒回る予定なので無しで。

・



















かけ(小) 220円

太めのほんのりエッジが利いたコシのあるうどんに熱々のいりこ出汁。イリコの香りがしっかりとありますが、決して強すぎず、旨味があります。少し塩が強い感じがしましたが、途中でテーブルにある生姜を摩り下ろして入れると、マイルドに。ここのお出汁は最後まで飲み干せるくらいに美味しいです。

・



















冷やぶっかけ(小) 250円

冷たいうどんにレモンを絞って。このおつゆもなかなかいいです。海苔が混ざった天かすもサクサクでした。
わざわざ遠くから来た甲斐がありました。

・



















お土産のうどんもありますが、ここではうどんだしが購入できます。
うどんだしは、ペットボトル1.8ℓで800円。これから製麺所を回る予定なので、このうどんだしが活躍するだろうと、1,8リットル買いました。あと、麺も。おまけに天かすもつけてくださいました。

・



















「西端 手打 上戸」

香川県観音寺市豊浜町974−1

0875−52−2711

6:00〜15:00 木曜休 
行く際には、Twitterの@joto_udonで営業確認を。


ranmarun at 07:30|PermalinkComments(2)

February 04, 2018

丸池製麺所@徳島

徳島に来ました。
風が強く東京よりさぶい!青空の中ですが、雪が舞っています。

「丸池製麺所」に行きました。

徳島でもまずは、うどんが食べたい。香川で有名なるみ婆ちゃんのお弟子さんのお店です。

・



















入り口のメニューは肉ぶっかけを押しています。それも食べたいけれど、まずはシンプルにいきたい気分。

・



















釜かけうどんというのはあまり食べたことがないし、それとしょうゆうどんの冷やを頼もうかな。

・



















中に入ると池上製麺所の案内も。

・



















しょうゆうどん 小 250円

冷たいうどんにおろし生姜とみまから青唐辛子をのせて、醤油をかけます。見た目はエッジがありながらも、意外と柔らかでのびるコシは、谷川米穀店を思い出すようなむちっとした食感。青唐辛子は欲張ってのせ過ぎました。この辛さがたまらなく美味しいのですけどね。うどんの味がわからなくなってしまうので、半分でいいと思います。

・



















釜かけうどん 小 250円

釜かけって意外にないので、頼みました。茹で立てのうどんそのままにイリコ出汁をかけて。やわっともちっとした麺は、茹でふわ感がつゆとなじみます。釜揚げとも違うゆるふわな麺が徳島らしいというか・・・ちゅるちゅるいける。

・



















この後にも香川でうどん巡りしますが、まだ序章です。

・



















「丸池製麺所」

徳島県板野郡板野町大寺字大向北 98−8

088−672−6325

11:00〜14:00


ranmarun at 10:30|PermalinkComments(0)

December 03, 2017

大阪のれんめぐり@大阪

新大阪駅新幹線改札内にある「のれんめぐり」に行きました。
ほんとは大阪で行きたいお好み焼き屋と串揚げの店があったのですが、急ぎで東京に戻らなければならなかったので、駅内のフードコートで軽く昼食。
ここのフードコートは、うどんの「今井」や、串カツの「だるま」、ねぎ焼きの「やまもと」、洋食の「ヨコオ」、たこやきの「くくる」が入っています。

まずは、「串かつ だるま」へ。カウンター席は満席だったのですが、注文して、フードコート内のテーブルでも食べることができます。

・



















新大阪セットに紅しょうがを追加して頼みました。新大阪セットは、串かつ2本、えび、もち、ウインナー、つくね、アスパラ、きす、豚かつの9本。どれも薄衣がさっくり揚がっていて、美味しいです。

・



















串かつはビールが飲みたくなります。ビールは、ねぎ焼きの店で頼みました。

・



















ソースの二度づけ禁止のお店ですが、フードコートで食べると別皿にソースを入れるので、二度づけもOK(笑)あれよあれよという間に食べてしまいました。

・



















まだお腹に余裕があったので、「道頓堀 今井」で親子丼。

柔らかな鶏肉と九条葱を半熟にふわっと卵とじし、上にも卵黄がのっています。親子丼久しぶりに食べたけど、美味しかったな。

・



















鴨うどんも頼みました。合鴨の旨みがお出汁にとけて、するっと柔いうどん。今井のうどんも久しぶりでした。

・



















ねぎ焼きも食べたかったけど、新幹線の時間が近いので、「くくる」でたこやきを買って、新幹線の中で食べました。

・




















「大阪のれんめぐり」

大阪府大阪市淀川区西中島5−16−1 JR新大阪駅 新幹線改札内

だるま  06−6307−1166
今井  06−6307−1168
くくる  06−6307−1160



ranmarun at 12:00|PermalinkComments(0)

July 08, 2017

谷川米穀店@香川

うどん巡業の4軒目は、「谷川米穀店」に行きました。
山奥の渓流沿いにありちょっと遠いけれど、ここも欠かせない一軒です。

・



















2年前までは営業時間が11時から13時までと短かったのですが、あまりに人気のために10時30分から13時30分までと少し長くなっていました。10時半に来たので、並ばず入ることができました。

・



















うどんは小(150円)か大(280円)、温か冷を選びます。生玉子は50円。
値段は変わらずそのままでした。セルフサービスで注文して、お会計は後払いです。

・



















うどんの食べ方も書いてあります。

・



















冷や(小)

どんぶりに冷たいうどんだけ入れてもらって、薬味はテーブルにあるので、自分で調節します。
まずは醤油を少しかけ回して。茹で立てのつやつやと輝く中細の麺は、柔らかくつるっとした喉ごしで、まずは小麦の香りとほんのりした甘さをシンプルに楽しみます。

・



















薬味は、葱、醤油、お酢、青唐辛子の佃煮、赤唐辛子、味の素、ユズスコなどがあります。

・



















青唐辛子の佃煮を入れると、ピリピリと刺激的で爽やかな辛さがうどんと相性が良く、これを混ぜながら途中酢を入れてゆるんだ辛さと共に食べるのが好きなんです。

・



















温(小)

どんぶりに温かいうどんを入れてもらい、生玉子をのせ、醤油をかけて混ぜます。

・



















釜玉風でからんだ玉子と醤油が、麺の甘みを引き立てます。

・



















葱は入れずに、途中でユズスコをかけると、柚子の香りと辛さが結構いいかも。
これは前回は無かった薬味です。最近この手のものでレモスコとか醤油スコとかあるんですが、レモスコは、家でドレッシングを作るときのアクセントに使ってました。

・



















最後に冷やをもう一杯おかわり。
この時点で既に店先には行列ができていましたが、どれだけ並んでいても入店している客は、優先的におかわりができるんです。
ここが1軒目だったら多分5杯はいけるだろうくらいの喉ごしとうどんの美味さ。お気にの青唐辛子の佃煮と酢で喰い、悔いなく頂きました。

・



















もうちょっとお腹はいけるくらいでしたが、雨も降ってきたし、今回はこの辺で終了。
雨の中、瀬戸大橋を渡り、途中の与島で少し休憩して、岡山に向かいます。

・





















「谷川米穀店」

香川県仲多度郡まんのう町川東1490

0877−84−2409

10:30〜13:30  日休


ranmarun at 10:30|PermalinkComments(0)

山内うどん@香川

讃岐うどん3軒目は、「山内うどん」に行きました。
山間の坂を登った上にある1980年代からの老舗のうどん屋。
登っていくと左手に薪が積み上げられていて、大将が薪を割っているところでした。

・



















ここは、薪火の釜でうどんを茹でます。
メニューは、かけうどんのあつあつ、ひやあつ、ひやひやとあり、醤油と湯だめうどんも。
それぞれ、小200円、大、300円、特大400円。
ひやあつとしょうゆうどんのをオーダーしました。

・



















店内の天井から変わった形の瓢箪がぶら下がっています。
椅子も丸椅子や木椅子、どこぞの式場から持ってきた白椅子となんだかまだら^^;
ミスマッチな感じで独特の雰囲気を醸し出しています。

・



















ひやあつ(小)

葱は最初からのせてあります。テーブルには生姜とおろし金が用意されているので、自分で擦って好みでのせます。
薪火の釜で一気に茹でる中細のうどんは独特のコシがあり、地下水で冷やしとたうどんを温かい出汁の冷やあつがお勧め。ちょい濃いめのいりこ出汁が昔ながらの味ですが、それがこの店の風情とマッチしています。

・



















しょうゆうどん(小)

エレガントなエッジの麺と醤油でシンプルに。小麦の香りが鼻から抜ける感じがいいです。
小麦の香りを味わうならば、しょうゆがおすすめです。

・



















帰り際、向日葵畑を発見。数百メートルわたり、辺り一面に向日葵が咲いていました。

・



















ひまわりの里まんのうと呼ばれ、7月上旬にはひまわり祭りが開かれるそうです。
植えられているひまわりの本数は約25万本。
そして、栽培したひまわりはひまわり油に加工され、その搾りかすは肉牛の肥料になるそうです。
見事な咲きっぷりでした。

・




















「山内うどん」

香川県仲多度郡まんのう町十郷字大口1010

0877−77−2916

9:00〜麺終了次第 木曜休




ranmarun at 09:30|PermalinkComments(0)