うどん

September 09, 2015

純手打ちうどん よしや@香川

讃岐うどんツアーファイナル10軒目。
他にもリストアップはあったのですが、最後は美味しいうどんで締めたいと、
「純手打ちうどん よしや」に行きました。

よしや





















ここは、前回も行ったけど、麺が好みだったので、最後はここに来たかったのです。
並ぶお店なのですが、すんなり入れました。

・





















ぶっかけうどん

注文を受けてから茹でるスタイルですが、閉店時間ギリギリだったので、
すでにあらかじめ茹でたうどんを冷やしたものでした。
前回は醤油で頂いたのですが、いきり立った太麺の弾力はなく、ぽってりした感じ。
並んで回転している時の方が麺も生きています。

ぶっかけ





















ひやあつ

ならば、ひやひやは期待できないなとひやあつで、少しだけでも麺の弾力を戻したいところ。
それほどは戻せなかったけど、美味しかった。

ひやあつ





















10店舗20食、もうこれで、満足です。
讃岐うどんはほんと個性があって面白い。

他にもリストアップはあったのですが、また次回。
高松空港に向かいます。


「純手打ちうどん よしや」

香川県丸亀市飯野町東二343−1

0877−21−7523

7:00〜15:00 火曜休

続きを読む

ranmarun at 15:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

百こ萬@香川

9軒目は善通寺市に移動して、「百こ萬(ひゃこま)」に行きました。

しこしこ麺なる極細麺と変わり麺が有名なお店です。

ひゃっこ





















セルフのお店です。
カレーうどんやカレーライスもあり、疲れてきた胃にはスパイシーなものが欲しくなりますw

・





















でも、ここの押しは、乃木うどん?いや、しこも気になるな。

・





















ざるうどん(小) 270円

しこしこの前にさっぱりとざるうどん。

ざる





















中細麺ですが、ほのかなエッジ。でも締め具合と水切れが悪いかな。

ざる





















赤しこ

しこしこ麺も気になったので、赤しこ。
唐辛子を練りこんだ極細麺です。こんにゃく粉を混ぜているかのようなプルンとした冷麺のような食感。
見た目は辛そうですが、麺はそんなに辛くはありません。蟹カマもどきはいらんです。

赤しこ





















美味しさを感じなくなってきたのは、もうそろそろ胃が限界かもしれませんw
うどん食べ続けていると塩が上がってくるしw


「百こ萬」

香川県善通寺市弘田町971−1

0877‐63‐5363

ranmarun at 14:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

安並@香川

谷川米穀店の後、1時間ほど少し食休みしてから、観音寺方面へ。
8軒目は「安並」に行きました。

やすなみ





















うどんをはしごしている方の入店は禁止ですと書かれていますが、
1杯のうどんを多数でシェアするような食べ方をしているお客がいたんでしょうね。
私もはしごですが、ちゃんと食べるので許してくださいね^^;

・





















メニューは黒板に書かれていて、うどんは、小・中・大と選び、カウンターで注文します。

・





















ひやあつ 200円

あと、1.2分で茹で上がりますと、丁度タイミング良く茹で上がるうどんを食べれました。
中村系のかなり細麺ですが、茹で立て締めたては、しっかりとコシがあります。
だしと薬味はセルフで。キンキンに冷えた麺と温かいだしのコントラスト。
透明感のあるつゆで、コシがありながらもつるりと喉越しがよい麺が軽いです。

ひやあつ





















ざるうどん ひや 200円

きりっと冷やした細麺に濃いめのイリコだし醤油のつゆにつけます。
つけつゆが少ししょっぱく感じたので、かけの方が好みです。

ざるひや





















でも、麺は細麺なのに、エッジがきいていて、次回は、ひやひやで食べてみたいかなと思いました。

・






















「手打ちうどん 安並」

香川県観音寺市本大町1868−3

Telは非公開  11:00〜14:00 日・第2第4月休



ranmarun at 13:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 08, 2015

谷川米穀店@香川

7軒目は「谷川米穀店」に行きました。
ここは前から行きたかったけれど、かなり山奥にあり遠いのと、
営業時間が11時から13時と短いので、念願の訪問。

谷川米穀店





















でも、人気店ですからね、しばし、並びました。

谷川米穀店





















並んでいる間に谷間に見える川。ほんとはもっと清流だそうですが、
前日の雨で濁っているそうです。と、後ろに並んでいたおじさんが教えてくれました。

・





















中は狭いですが、ぎっしりお客さんが入っていて、
テーブル以外の椅子でもどんぶりをかかえたまま食べています。

・





















セルフで、うどんが出てきてからお会計します。
ひやとあつを両方食べてみたいな。

・





















ひや(小) 150円

器にうどんだけ入れてもらって、薬味は席の近くにあるので、自分で調節します。
ここにはだしはありません。葱、醤油、そして、名物の青唐辛子漬けで。
入れないけど、味の素なんかもありました。
麺は中細麺でエッジがあるように見えて、意外に柔らかく、つやつやと輝き小麦の香りがほんのり。
シンプルに食べるには、バランスのよい喉ごしです。青唐辛子は少量でもかなり辛いのにびっくりしました。
途中で少し酢を入れるとまたアクセントになります。しかし美味い!おかわりしたい!

ひや





















あつ(小) 卵 200円

温かい麺の下には生卵が入っています。
薬味は無しで醤油をかけて混ぜます。

あつ玉子





















釜玉風になりましたが、温かいのに麺のコシはしっかりあり、美味しいです。
薬味は邪魔しちゃうので、いらないな。麺の甘みをさらに感じます。

あつ玉子





















並んでた隣のおじさんは、おかわりしていました。
そう、ここはおかわりしたいときには、どれだけ人が並んでいても優先的にすぐ出てきます。
いいな〜もっと食べたいな〜という気持ちを抑えて、更にうどん巡業の旅が続きます。



「谷川米穀店」

香川県仲多度郡まんのう町川東1490

0877‐84‐2409

11:00〜13:00 日休

ranmarun at 11:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

手打ちうどん はゆか@香川

6軒目は「手打ちうどん はゆか」に行きました。
席数は72席と広いです。

はゆか





















メニューはいろいろありますが、ここはぶっかけうどんがおすすめです。

メニュー





















セルフのお店で、天かす、葱、生姜、チューブの山葵などがありますが、
青唐ちりめんもトッピングのおすすめです。

・





















ぶっかけ うすくち 290円

ぶっかけうどんは、温・冷か、だしは、薄口か濃い口が選べます。
こちらは冷やの薄口。麺は中細麺で、ぶっかけを生かす弾力とコシの中にも、
ゆるやかでやんわりしたコシの優しい食感です。
ぶっかけでは、以前行った山下うどんが男性的なしっかりとした弾力なら、はゆかは女性的な弾むような弾力。
薄口醤油のつゆもバランス良く、青唐ちりめんのピリリとした辛さがくせになります。

ぶっかけうすくち





















ぶっかけ こいくち 290円

一方、濃口醤油のつゆは、甘さもあるので、この麺には少しくどい印象。
レモンや生姜で調節しますが、やはりつゆの味が後にのこるので、薄口の方が好みです。

ぶっかけこいくち






















「手打ちうどん はゆか」

香川県綾歌郡綾川町羽床下2222−5

087−876−5377

10:00〜17:00  月曜休み

ranmarun at 11:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 07, 2015

山越うどん@香川

讃岐うどんツアー5軒目は、「山越うどん」に行きました。

ここは釜玉うどんの発祥の地である大人気店です。
食べるスペースも90席と広いです。

山越うどん





















釜玉発祥だけに、生卵をのせたメニューがいろいろあります。

メニュー





















うどんの大きさのサンプルもありました。
小(1玉)、大(2玉)、3玉、4玉とありますが、それによって卵の数も増えていくのかな・・・

・





















かまたま(小) 250円

熱々の釜揚げうどんをさっと湯きりして、生玉子をのせます。
生玉子はすでに半分溶いてくずしてある卵液です。

釜玉





















麺と混ぜ合わせると、余熱で卵液が半熟にかたまっていきます。

釜玉





















中細麺はもちもち柔らかく、卵がなじむと麺の塩気と卵の甘みが合わさると、
するするといける美味しさです。

釜玉





















かまたまやま(小) 300円

かまたまに山芋とろろをのせたものです。

釜玉山





















これは、好みでうす口かこいくちの醤油たれをかけます。

・





















ガーっと泡立てるように混ぜ合わせると、山芋の粘り気と卵液がからみ、
とろろ汁のうどんになりました。

釜玉山





















「山越うどん」

香川県綾歌郡綾川町羽床上602‐2

087−878−0420

9:00〜13:30 日休




ranmarun at 10:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

田村うどん@香川

4軒目は、「がもううどん」から車で10分くらい行ったところにある「田村うどん」に行きました。

たむら





















セルフで支払は後払いです
お店の奥に進んでいき、うどんの大か小かを注文します。
小を注文すると、器に麺だけ入れてくれます。

・





















おだしは自分で注ぎます。
麺を温めたければ、横のざるに入れて温めます。
その横で店主がうどんを茹でています。

・





















醤油  (小) 200円

麺のコシを味わいたかったので、葱と生姜をのせて、醤油をひと回しかけて。
麺は中太で、エッジがきいた断面ともちっとした弾力の中に、
噛むごとにググッと何層にも重なりグラデーションのある食感を感じ、小麦の香りと絶妙な塩加減。
とても秀逸で、私が大好きな食感でした。これはなにもかけずに麺だけでも美味しいです。

醤油





















ひやあつ (小) 200円

冷たい麺に温かいだしを注ぎます。
お出汁は少々濃いめの味付けですが、弾力とコシがしっかりある剛麺には、このくらいの方が合います。
表面が少し温まった麺は、さらに重なる層のグラデーションを感じ、おかわりしたいほどでした。

ひやあつ





















まだこの先長いので、お土産で生麺を購入しました。
まあ、お土産になると、少し細麺になって、食感も変わってしまうので、お店で食べるのが一番です。


「田村うどん」

香川県綾歌郡綾川町陶1090−3

087−876−0922

9:00〜13:00 日・祝休み



ranmarun at 10:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 06, 2015

がもううどん@香川

高松から坂出に移動。

3軒目は、「がもううどん」に行きました。
行列覚悟だったんですが、それほど並ばずすぐに食べれました。
有名店なので駐車場は広いです。逆に店内は狭いので、外にはパラソルがあり、
外でベンチに座りながら食べている人が沢山います。

がもううどん











冷やぶっかけ

これは写真無しです。麺の弾力はありますが、
もっと伸びのあるコシ麺を期待していました。しかし、それほどでもなく。


あつあつ

まあ麺もつゆも普通というか、個性を感じられず期待していたほどではなかった。
個性がないのは万人受けするってことなのかな。

・





















麺食い地蔵

今日も一日美味しいうどんが食べれますように・・・

・





















ということで、次行きます。


「がもううどん」

香川県坂出市加茂町420-3

0877-48-0409

8:30〜14:00頃 日月休み



ranmarun at 09:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

松下製麺所@香川

2軒目は、7時半に「松下製麺所」へ。

ここは、前回夕方に訪れて、麺が死んでてがっかりしたので、朝一ならどうかなと。
席は10席くらいですが、回転が速いです。

松下製麺所





















セルフのお店です。1玉は、180円から200円に。2玉は、270円から300円に値上がりしていました。
麺を温めるならば、手前のザルで。


・





















薬味は天かす、葱、生姜。

・





















ひやあつ 200円

細麺ですが、前回は夕方だとひやは死んでいて、麺を温めてもいまいちだったので、
朝の茹で立てならばとひやあつでもと期待していましたが、それほどでもなく。
売り切れ必須の名物卵天を後からのせましたが、画像撮り忘れました。
半熟卵天ですが、まあ普通。

あつ





















ひやひや 200円

ひやひやの方がまだコシを感じましたが、
その後美味しいうどんも喉を通らないようなヒヤヒヤな事件が起こったので、
ここの記憶はこのくらいにしておこうかな。

ぶっかけ






















「松下製麺所」

香川県高松市中野町2−2

087-831-6279

7:30〜17:30



ranmarun at 08:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

さか枝@香川

再び、讃岐うどん巡りの旅が始まります。

うどんは茹で立てが命ですから、午前中が勝負。
お昼過ぎに閉まってしまうお店も多いです。

まずは、高松市内を攻めます。
朝6時から営業している「さか枝」に行きました。
さすがに6時には行けずに、7時にお店に到着。

さか枝





















セルフのお店です。席数も多く広々としています。

・





















おすすめはかけかな。

・





















かけ(小)を頼み、麺だけ入ったどんぶりをもらい、先にお会計します。
その後、温かい麺がよければ、目の前のざるに麺を入れてお湯で温めて、
葱や揚げ玉、胡麻、生姜などをのせ、温かい出汁を注ぎます。

・





















ひやあつ(小) 180円

麺は温めずに、温かいつゆを注いで、葱、胡麻、天かす、生姜。
適度なエッジと弾力です。お出汁があっさりとしていて美味しい。

ひやあつ





















あつあつ(小)180円

自分でザルに入れて温めた麺に、温かいおつゆを注ぎ、葱、天かす、生姜をのせて。
麺を温めると、少し柔らかくもちもちした弾力が出て、あっさりとしたおつゆを吸って、これまた美味しい。
朝うどんには、消化のよいこのくらいの優しい味わいがいいですね。
おつゆが美味しくてついつい飲み過ぎてしまいました。

あつあつ





















というわけで、朝うどんで、まずはエンジンかけます♪


「さか枝」

香川県高松市番町5−2−23

087-834-6291

6:00〜15:00  日・祝日休み



ranmarun at 07:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)