うどん

May 27, 2019

いずみ田 中目黒店@中目黒

「いずみ田 中目黒店」に行きました。

博多のちゃんこ鍋を韓国風の辛口味噌でアレンジした慶州鍋が味わえる居酒屋です。
本店は福岡の飲み屋街春吉にあるそうです。

61995236_2315884281790753_1944506452823506944_n

お通しは、トマトとベーコンの茶碗蒸しにオリーブオイルをかけて。

P5250264

とうがらし梅酒

鳴海鯛という四国の本家松浦酒造の梅酒です。
梅酒が8種類もありましたが、とうがらし梅酒は飲んだことがなかったので頼んでみました。
梅酒の甘み風味からぴりぴりと唐辛子の辛味が追いかけてくる刺激がなんともくせになる味わいで、個人的に買おうかなと思っちゃいました。

62086325_2315884311790750_8008272969308569600_n

活イワシの磯部巻

イワシと青葱、レモン、山葵、海苔。

P5250265

イワシはレモンを搾り、九州の甘口醤油にさっとつけてから、海苔の上にのせて薬味と共に。

P5250266

胡麻さば

胡麻さばも博多の名物料理です。
九州産の真鯖を使っているそうです。

P5250269

焼き茄子と茗荷のサラダ

P5250270

つぼ鯛味噌焼き

つぼ鯛はあまり食べたことがないけれど、九州南方で獲れるのかな。脂がのって美味しいけれど、骨が太いので、意外に食べれる身が少なかったり。味噌漬け焼きに鬼おろしを添えて。

P5250271

イワシ明太揚げ

冷凍ものに衣をつけて揚げたのか、身がパサパサしていていまいち。
明太子も水っぽいし。

P5250272

慶州鍋

イメージはこんな感じで、辛味噌ベースの出汁に豚バラ肉と鶏つくね、油揚げや豆腐、はんぺん。ニラやほうれん草、キャベツ、葱などの具材を煮こむ鍋です。
お味噌は韓国味噌3種、日本味噌2種をブレンドしているそうです。

58248352

イメージ画像。

640x640_rect_79054535

あらかじめ全部煮込んだ状態で出てきました。
お肉は豚バラ肉とつくね、餃子が入っています。辛さは思ったよりなく、ブレンド味噌に少し赤い油が浮くくらいで、にんにくがほんのりと効いた甘味噌スープな感じ。

P5250273

残ったスープに、追いスープして蕎麦粉の韓国麺と葱を投入。

P5250274

冷麺に使うようなつるりと軽い麺でした。

P5250275

帰りにここで使っているメキシコ産のお塩と飴をもらいました。


「いずみ田 中目黒店」

東京都目黒区上目黒2-12-11 戸田ビル2F

03-5722-8307


ranmarun at 18:00|PermalinkComments(0)

January 18, 2019

うどん平@福岡

「うどん平」に行きました。
博多うどんでは行列をなす有名店です。11時半の開店ですが、11時前に来たところすでにこの行列。
寒い中皆よく並ぶよね〜。しかもほとんどが韓国人だったりします。この列だと1回転目には入れないな。

52104938_2145878792124637_600538476403752960_n


















11時半過ぎにシャッターが開き、入れたのは12時過ぎ。開店直後だと海老天は食べれるかと期待していましたが、すでに品書きからなくなっていました。
ごぼうわかめと、玉子とじ、ざるうどんをオーダーします。

51545776_2145878818791301_417433682588991488_n

















満席の中、ちょうどうどんを製麺するカウンター席の前だったので、待ちながらしばしその工程を眺めます。丸い塊の生地を製麺機で平に薄くのばしていく作業を何回も繰りかえしていきます。粉を打ちながらのばしていくこの作業が結構大変そう。

P1160355


















5,6回は繰り返したでしょうか。薄く伸ばした生地を細く切り分けていきます。そして、さらに粉を打ちながらできたうどんは、こんなに長い麺だったんですね。

P1160356


















このうどんを羽釜の大鍋で茹でていきます。大将は時折麺の茹で加減を指で確かめながら、茹で上げています。

P1160357


















ごぼう天わかめうどん

15分くらい待って、うどんが出てきました。
いつもは肉ごぼう天を頼みますが(お客さんの過半数が肉ごぼうを頼んでいます)、ここに来る前に待ち時間覚悟で美味しい牛丼を食べてきたので、今回はごぼう天にわかめをトッピング。揚げたてのごぼう天のサクサク感とたっぷりわかめでさっぱりと。
茹で時間は15分から20分と長めに茹でていますが、博多独特のゆるゆるうどんではなく、弾力があり、熱々のお出汁を含んでいくとふやっとしてくる頃がまた美味しいです。外が寒かったので、このお出汁に癒されます。

P1160351


















ざるうどん

ざるうどんは、そばつゆのような濃いめのたれに葱と山葵。

P1160352


















茹でたての麺を冷水で冷やし、弾力がありながらもエッジのある麺の断面の食感はゆるりと滑らかで、後から麺の芯にあるコシがでてくる感じ。温かいうどんとはまた別の魅力があります。

P1160353


















玉子とじうどん

玉子とじうどんは、初めて頼んでみました。白身の食感も残しながらも溶き卵をふんわりと仕上げて。
玉子の優しい甘みがうどんのお出汁に旨味を加え、寒い時期には体がより温まる美味しさでした。残り出汁には一味唐辛子を加えるとさらに美味しくなり、全部飲み干してしまいました。

P1160354


















「うどん平」

福岡県福岡市博多区博多駅前3−1−10

092−431−9703

11:30〜16:00



ranmarun at 12:00|PermalinkComments(0)

December 14, 2018

手打ちうどん 寺屋@札幌

「手打ちうどん 寺屋」に行きました。
琴似駅からバスで15分くらいのところにある、札幌では唯一の讃岐うどんのお店です。

49949067_2104591682920015_2108351367742488576_n


















店主の寺井さんは、香川県出身。東京の和食屋で修業の後、香川のうどん屋はりや他2店で修業。2002年に札幌にお店を開きました。

49836908_2104591696253347_6191952980825079808_n


















入り口から入ると、まず目に入ったのはおでんの鍋。香川ではうどんができるまでの間おでんを食べる習慣があります。(主に夜営業でお酒を出すお店でですが)うどん出汁を使ったおでんは是非おすすめです。

49721827_2104591722920011_5089599592232648704_n


















讃岐おでんのメニュー。牛すじ、大根、豆腐、平天を頼みました。

49844117_2104591729586677_1620498719923240960_n


















讃岐おでん

牛すじは平取和牛の牛筋で、筋といえども肉々しい食感が美味。大根はおでんの定番ではありますが、オカベファームの大根を使い10月から2月の間しか提供されないこだわりの一品です。粗目の繊維がほくっとほぐれるように柔らかに煮込まれた大根の甘み。時期にこだわるのも納得です。お出汁が浸みた木綿豆腐には葱をのせて。

PC120441


















香川のおでんはからしみそで食べるのが主流だそうです。ほんのり柚子の香りのからしみそです。

PC120443


















平天は売り切れでしたが、少し時間を置いて揚げたてを提供してくださいました。ぷりっと弾力のあるすり身です。

PC120444


















肉うどん

名寄大雪豚という豚のばら肉は薄味に煮てあるのがいいですね。長葱もさっと火を通し、甘みがあります。つゆは、道南の真昆布と瀬戸内の煮干しやむろあじを使い、塩と薄口醤油で、関西から比べると少し甘め濃いめに仕上げてありますが、ちょうどいい塩梅で美味しいです。コシのあるうどんは中細打ちくらい。少し時間を置いて美味しいお出汁を吸ってやんわりなった頃もまた美味しいです。

PC120446


















ごぼう天

肉ごぼううどんにしたかったので、ごぼう天も頼みました。ごぼう天は薄切りを想像していたのですが、そのまま味を含ませて煮込んだごぼうをほっくりと揚げて。うどんにのせるよりは単品で食べた方がいいのかもしれません。しっかりと土くささのある美味しい牛蒡でした。

PC120447


















海老天ぶっかけ

さくっと大きな揚げたて海老天。天かすや大根おろし、葱、白胡麻をのせて。そして、冷たい水で締めたうどんのエッジが際立つ弾力感。つゆは少し甘めでしたが、冷たいうどんを食べると、麺のコシやつるっとした喉ごし、噛みしめる食感から店主のこだわりがさらに実感できます。

PC120445


















「手打ちうどん 寺屋」

北海道札幌市西区山の手3条6丁目1−10

011−622-4828



ranmarun at 12:00|PermalinkComments(2)

October 19, 2018

大福うどん 博多一番街店@福岡

「大福うどん 博多一番街店」に行きました。

博多だと「うどん平」や支店がたくさんありながら店舗によって美味しい「牧のうどん」が好きなのですが、今回は営業時間に行くタイミングがなく、早朝からやっているうどん屋を探してこちらへ。博多駅に直結しているのでお客は出勤前のサラリーマンも多いです。

・



















メニューを見ると、うどんの他に丼ものも充実しているみたいです。そばもあるんですね。

・



















私はごぼ天好きなので、肉ごぼう天うどんを頼みました。

・



















しかもこの日は、グルメグリの日ということで、うどんは1.5倍増量サービス。もちろん増量してもらいました。

・



















ちくわポテト揚げも気になったので、おつまみに。

・



















ちくわポテト揚げ

縦半分に切ったちくわにポテトサラダを詰めて、サクッとした衣で揚げてあります。ポテサラ好きとしては人参や胡瓜も入ってじゃがいものほくほく食感の残るポテサラは高評価。マヨネーズをつけて食べますが、朝じゃなかったらビールが飲みたくなるおつまみでした。

・



















肉ごぼう天うどん

肉は牛肉と玉ねぎを甘辛煮した牛丼のような具。ごぼう天は、あらかじめ柔らかく煮たごぼうに衣をつけて揚げてあります。柔らかなごぼ天美味し。うどんのつゆは、昆布とうるめ鰯、鯖節でとったわりと甘みと醤油が濃いお出汁です。壁の案内を見ると、ここの出汁が濃いと思われる方には、薄めの割り出汁も用意してあるそう。今まで過去に行ったうどん屋は、牧のうどんはやかんに入っている追いつゆを注ぐのが好きでした。おろし生姜もあったし。なのでそういう要望もあったんでしょうね。でも、福岡の太くてゆるゆるうどんに甘しょっぱいつゆも文化なんですよね。肉入れるとさらに甘くなるけど葱や薬味で調整します。

・



















青葱は別の器で好みで入れます。前述の通り、わりとたっぷり入れた方が、さっぱりするかもしれません。

・



















そして、太いゆるゆるうどん。少しおつゆを吸って、さらにやんわりしてくらいが好きだったりします。豚骨ラーメンは細麺で固めを好むのに、うどんは太くでコシのないゆるいうどんを好むというのは、福岡の麺文化でも面白い特性でもあります。私はしばらく福岡に住んでいたこともあるので、このうどんが好きだけれど、讃岐に行ったら、コシがないと物足りないし、地元の吉田うどんは、もっとコシとエッジがないとだめなんですよね。

・



















よくばり丼セット

丼ぶりとぶっかけうどんのセットです。つぼ漬けを添えて。

・

















よくばり丼は、姿海老天ととんかつを卵とじにしてあります。ご飯は少なめなので、丁度いい。

・



















ぶっかけうどんは、温泉卵に海苔、青葱、すり胡麻、鰹節、天かすがのっていて、かなり細めのうどんです。つゆは後から好みでかけて混ぜながら食べます。これは具というかすり胡麻が多すぎて、せっかくのつるつる細麺がざらざらした食感になってしまうので、私の好みではなかったけどね。

・



















朝はお店に入った脇に、○○コーヒーのホットコーヒーがポットに入り、紙コップが用意されたセルフサービスがありました。うどんを食べた後、コーヒーが飲みたいなと思っていたのですが、コーヒーも美味しかったし、時間がない時にこういう気遣いのあるサービスは嬉しいですね。

「大福うどん 博多一番街店」

福岡県福岡市博多区博多駅中央街1−1 JR博多シティB1F 博多一番街

092-413-5707




ranmarun at 07:00|PermalinkComments(0)

September 07, 2018

なかむら@香川

うどん巡業6軒目は「なかむら」に行きました。
5軒目の「山とも」でお出汁と細麺の美味しさに火がついて、うどん巡業の最後はここに来ようと思った訳です。
その昔は葱は横の畑から採ってきて…という伝説があったお店です。

・



















ぶっかけとひやあつを注文しました。

・



















お出汁は、別の所にあるかけつゆを注ぎます。

・

























薬味は生姜と葱。イカリのウスターソースはコロッケや天ぷらにかけるのかしら。
食べる場所はテラス席か室内があります。60席くらいあるので、平日ならば並ぶことなくゆったりと食べれるのではないかな。

・



















ぶっかけ 小 290円

レモンと大根おろしは最初からのせてあります。生姜とつゆは好みで。ぶっかけですが、ここのお出汁はさっぱりと美味しいので、たっぷり注いでしまいました。細麺で柔らかながらもコシも感じるうどん。淡い冷やかけつゆは塩味や化調の旨味もありますが、大根おろしやレモンの酸味、生姜の辛味と共にいいバランスに。

・



















ひやあつ 小 220円

ひやあつには、天かすと葱、生姜を少しだけのせて、温かいつゆを注ぎます。
締まったうどんのエッジとコシのある食感といりこの香るほんわかした温かいつゆの相性が素晴らしい。半分食べた後で、つゆだけさらに注いでおかわり。ここも化調は入っていますが、薄味なのがくせになります。

・



















帰りのフライトまでは時間が余り、あと行ってみたいお店も数軒ありましたが、今回のうどん巡業はここで終了。レンタカーを返して高松空港へ。航空系ラウンジはないのですが、カードラウンジで少しうたた寝。うどんばかり食べると甘いものが欲しくなるので、なぜかポンジュースのグミで癒された(笑)

・




















「なかむら」

香川県丸亀市飯山町西坂元1373−3

0877−98−4818

9:00〜14:00 火曜休み



ranmarun at 13:00|PermalinkComments(2)

山とも@香川

うどん巡業5軒目は「山とも」に行きました。
山内うどんで修業された方が23歳という若さで、3年前にお店を開いたそうです。
ブラタモリでも紹介されたお店です。

・



















品書きはあつあつ、ひやあつ、ひやひやのかけうどんがあり、ざるや冷やしうどん、湯だめうどんなどがあります。店長のおすすめはひやあつとしょうゆと書かれていました。

・



















ぶっかけやカレーうどん(この日は終了)などもありました。
そういえばこの日は自分で持参した出汁以外に、お出汁のかけうどんは食べていなかったなと思い、かかけのあつあつとひやあつを注文しました。

・



















卓上の調味料は醤油、味の素、すり胡麻など。生姜は自分ですりおろします。

・



















あつあつ 小 230円

麺はかなり細麺で、温かい麺は柔らかくなめらかで、するするっとした食感がいいです。お出汁はいりこの香る若干甘めの少し雑味があるところも、若い店主のワイルドさがあって、嫌いではありません。後で、つゆを作っているところを見ていると、醤油や味醂の他にハイミーも入れていました。

・



















ひやあつ 小 230円

艶のある細麺はエッジと弾力があり、しっかりとした食感とつるつるの喉ごしがよく、5軒目でちょっと膨れてきたお腹でしたが、逆にこの細麺の食感が胃袋を発動させてくれて、あっという間に食べ終えてしまいました。

・



















噛みしめるというより、飲み込んでいく細麺の魅力。お腹いっぱいだったお腹もまたリセットされたとうな喉ごしの爽快感があったので、さらにもう一軒行くことにします(笑)

「山とも」

香川県丸亀市土岐町東9−194

080-1992−3716

9:00〜14:00 日曜休み



ranmarun at 12:00|PermalinkComments(0)

谷川米穀店@香川

うどん巡業4軒目は「谷川米穀店」に行きました。
ここも香川のうどんではかかせない名店です。三嶋製麺所からも10分くらいなので、その流れでは行きやすい。店前には、レトロ感漂う鄙びた学級机と椅子が置いてあるのですが、毎回並びが違うのも気になったりして。

・



















11時前に来ましたが、並ばずすんなりと入れました。

うどんは小(150円)か大(280円)、温か冷を選び、玉子は50円。

あつ(小)

まずは温かいうどん。茹でたてをどんぶりにのせ、残ったゆで汁が泡だっています。

・



















ここにはいつも生玉子をのせて醤油をかけ釜玉風にするのですが、お出汁をかけてみました。
ただ、後でお出汁を持ち込みするなら事前に言ってくださいねと怒られました。まあ製麺所ではないので、そうだわな。すみません。

・



















ひや(小) 

冷たいうどんは、いつもは青唐醤油漬けと醤油と酢を回しかけようと思いますが…

・



















今回の薬味は青唐辛子と赤唐辛子が合わさった発酵唐辛子のような醤に変わっていました。

・



















ここの青唐辛子漬けが好きだったので、青唐辛子を拾いながら少しのせてみたけれど、酸味や余計な味が強すぎて、中華の炒め料理に使うような醤ですから、ここの繊細なうどんには合わないと思います。ちょっとがっかり。いや薬味は入れなければいいことだけれど、前の青唐辛子の方が好きだったなあ。

・





















「谷川米穀店」

香川県仲多度郡まんのう町川川東1490

0877−84−2409

10:30~13:30  日休


ranmarun at 11:00|PermalinkComments(2)

三嶋製麺所@香川

うどん巡業3軒目は「三嶋製麺所」に行きました。まんのう町の琴南公民館の近くにある製麺所で、昔、「UDON」という映画にも出てきたお店です。看板も暖簾もないのでわかりにくい場所にありますが、昔ながらの製麺所という雰囲気。2回目の訪問です。

・



















品書きはなく、温いのか冷たいのか、大か小か聞かれます。
あつとひやの小を1つづつ注文しました。頼んで数秒で出てきました。

あつ 小 

あつには生玉子をのせて、醤油をかけて混ぜ、釜玉風に。

・



















やわっとした舌さわりの中太の平打ち麺。こしは強くないので、優しい食感に癒される感じ。

・



















ひや 小

ひやはわりとエッジがたって、弾力感もあります。

・



















持ち込んだ自家製の青唐辛子醤油漬けといりこ出汁をかけて。出汁は保冷バッグに入れてきましたが、暑さで痛むと困るので、濃縮出汁を水でわるくらいな塩梅で作り。青唐醤油は、東北で作っている激辛の青唐辛子を大量に仕入れ、谷川米穀店風の青唐醤油漬けを作りました。いつもは素麺や蕎麦、豆腐などの薬味や、炒め物に使う常備菜にしています。発酵唐辛子やラー油も作っているけれど、それはまたの機会に。

・



















唐辛子の辛味が麺の甘みを引き出します。いりこ出汁も少しかけました。
ただここで食べるのは茹でたてを味わえるかのタイミング。前回のようにいい頃に茹で上がりを冬の冷たい水で締めたものは絶品でした。でなければ麺を購入し、家で茹でたてを食べた方がここの麺の魅力がわかるかも。

・



















生うどんは3パックあったものを全て購入。帰った日に家で茹でて、お出汁をかけて食べました。
ここで表示されている茹で時間よりも数分早く火を止め、余熱で30秒くらい蒸らすのが好みの茹で加減かな。

・




















「三嶋製麺所」

香川県仲多度郡まんのう町川東276

0877−84−2266

10:00〜16:30 金曜休



ranmarun at 10:30|PermalinkComments(0)

山下うどん@香川

うどん巡業2軒目は「山下うどん」に行きました。
ぶっかけの元祖と言われる山下うどん。5年ぶりの訪問です。

・



















ここでは冷やぶっかけと肉ぶっかけを注文しました。

・



















肉ぶっかけ(小) 500円

甘めに味付けした牛肉がたっぷり。麺は以前食べた時の方が、もっと太くコシがあったと思うのですが、少し変わったのかな。値段は5年前より50円上がっていました。

・



















冷やぶっかけ(小)280円

冷やぶっかけは30円値上げ。それはどうでもいいのですが、以前はもっと太くエッジのねじれ具合と張りコシがある麺に濃いめの醤油たれが特徴だったのに、わりと優しいうどんに変化していて、期待していたほどのインパクトがなかったかな。

・




















「山下うどん」

香川県善通寺市与北町284−1

0877−62−6882

9:30〜18:00 火曜休み


ranmarun at 09:30|PermalinkComments(0)

須崎食料品店@香川

翌日は早朝から徳島から香川へ移動。
うどん巡業の始まりです。

まずは「須崎食料品店」に行きました。食料品店の横に併設した製麺所です。個人的にはここのうどんが一番好きなので、必ず訪問します。

・



















開店は9時からですが、20分前に着くともう番号札が出ていました。2番の札を取って、待ちます。

・



















待っている間に麺の大きさ(大か小)と温度(温か冷)を選びます。
大の温と冷を注文しました。

・



















セルフの台には、生玉子と温泉卵、葱、生姜、だし醤油、味の素、七味唐辛子などがあり、茹で上がった麺をもらったら、好みで加えます。お会計は食べ終えた後、お椀を返すときに自己申告で支払います。

・



















奥で麺が茹で上がるのを待っていると、あっという間に入り口の外まで行列でした。
2番の方〜と呼ばれると、今回は温と冷が同時に出てきました。

・



















温(大) 320円 玉子30円

茹でたて熱々のうどんに生玉子と醤油を回しかけて釜玉にします。

・



















玉子を熱々のうちに混ぜると、その熱で半熟になった白身や卵黄が麺にコーティングされるようになじんでいき、釜玉うどんの出来上がり。ほどよく絡んだ玉子とだし醤油が麺の甘みを引き出します。弾ける弾力感と小麦の香りが絶妙な美味しさです。

・



















冷(大)320円

冷やには葱と生姜をのせ、醤油を少しかけて。

・



















混ぜながら食べると、エッジのある麺がねじれながら、断面がざらりとした食感になっていき、噛みしめるほどに、小麦の香りと旨味が口内に広がり、喉元を通り抜けていく瞬間のエクスタシー。これがまさに求めていたうどんの味で、何度頂いても、ここのうどんにかなう所はないくらいの満足感。

・



















今回は自家製のいりこ出汁と青唐辛子の醤油漬けも持参しました。後半は、釜玉に青唐辛子をのせたり、冷やにいりこ出汁をかけたりして、さらに美味しい。青空の下で頂くうどんは格別です。

・




















「須崎食料品店」

香川県三豊市高瀬町上麻3778

0875−74−6245

9:00〜11:30頃 麺が無くなり次第終了。水曜休み。



ranmarun at 09:00|PermalinkComments(2)