イタリア

November 24, 2019

ヴァリアンテ@向ヶ丘遊園

「ヴァリアンテ」に行きました。


b72a2f2a-s


スプマンテでスタート。

PB210033


せこ蟹のカタラーナ風

本来はオマール海老で作るサルデーニャ料理ですが、せこ蟹を使って。
じゃがいも、トマト、香味野菜などと、オリーブオイル、ビネガーで和えてあります。
この時期ならではの美味しさです。

PB210032


今回は、大きなオニカサゴを使って、アクアパッツァを作ってくださるそうです。

PB210035


Plenio  2016 Umani Ronchi

マルケのヴィッラ・ビアンキ100%。
フルーティで辛口ながらクリーミー感のあるワイン。

PB210039



白子とカリフラワーのクレーマ

カリフラワーのクリームに、鱈の白子を入れて、パン粉とチーズを入れて焼き上げてたもの。

PB210036


カリフラワーの優しい甘みと白子のクリーミさが合わさり、さっぱりとしたベシャメルソース的な味わいに。

PB210038


Primosic Ribollagialla 2015

フリウリのリボッラ・ジャッラ。
深みのあるイエローに、柑橘の香りとミネラル感。

PB210044



豆のズッパ

うずら豆や大麦、人参、玉ねぎ、セロリなどの香味野菜とちりめんキャベツや黒キャベツを煮込んだズッパ。ローズマリーオイルをかけて。
寒くなってくるとこういう滋味深いほっこりしたイタリアの家庭的な豆野菜料理が恋しくなります。

PB210042


Monocromo #1 2018 Agricola Macciocca

ラッツィオのワイン。パッセリーナ、マルヴァージア。
少し白濁したレモン色で、グレープフルーツやレモン、紅茶の香りにすっきりとした酸。

PB210047


オニカサゴのアクアパッツァ

先程のオニカサゴと蛤、アサリ、トマト、ケイパーなどをアクアパッツァに。

PB210046


とても大きなオニカサゴなので、身もふっくらと肉厚。
ローズマリーを詰めて蒸し焼きにしてあります。

PB210049


蛤やアサリなどのエキスが出たスープも美味。

PB210050


Le Piane 2006 Boca

ピエモンテのネッビオーロ。
木の皮や茸の香りに赤果実や八角のようなスパイス感。

PB210053


白トリュフのタリオリーニ

自家製のタリオリーニは、ふわっと薄く茹で上げて、白トリュフを削って。

PB210052


Sandrofay Valtellina Superiore 2015 Ca Morei

ロンバルディアのキアヴェンナスカ(ネッビオーロ)。
バルサミコや苺ジャム、カルダモンの香りで柔らかなタンニン。

PB210054



カンガルーのラグーのピチ

カンガルーのテール肉のラグーとトマトをからめたピチ。
カンガルーの肉はカルパッチョなどで食べたことがありますが、テール肉は初めて食べました。
意外にくせがなく、イタリアで食べる豚テール煮込みに近い感じ。

PB210055


Kurni 2016

モンテプルチアーノ100%。
スーパーマルケと言われる濃厚な果実味のワイン。
凝縮感のある黒果実の香りに、カカオやバニラ、ココナッツのようなロースト香に、ポルト酒のような深い甘みがあります。

PB210058



仔牛のカツレツ

仔牛のカツレツに、ベシャメルとチーズのソース。
トマトとオリーブオイル。

PB210056


しっとりと柔らかな仔牛肉に、ベシャメルとチーズのクリーミーなコク。
トマトの酸味が後味をさっぱりと。普段はジビエ肉満載なお料理を作りたかったと思いますが、ちょっとジビエアレルギーになってしまい、すみません。
仔牛美味しかったです。

PB210059


トルタ・ディ・ノンナ

マダムのドルチェは。トルタ・ディ・ノンナ。
トスカーナの伝統菓子でおばあちゃんのタルトの意味。
松の実をふんだんに使い、カスタードクリームとレーズンを練りこんで焼き上げて、素朴な味わいが好きです。

PB210060


コーヒーはフグレンコーヒーから。

PB210063


エスプレッソ。

PB210064


カプチーノ。

PB210066


小菓子のサラミ・デ・チョコラータには、マダム特製のマロングラッセを練りこんで。

PB210067


「ヴァリアンテ」

神奈川県川崎市多摩区東生田1−18−1 ブラウニーコート1F

044-328-9880



ranmarun at 19:30|PermalinkComments(0)

November 03, 2012

Villla la massaの朝食3

朝方の散歩。
小さい鉢植えですが、レモンの木があります。
ここの自家製のリモンチェッロ飲むの忘れました。空港に売ってましたが(^^;

レモンの木





















プールもありますが、夏だけ限定。
ここのホテルも11月これからクローズになるそうです。

庭





















夏のバカンスでのんびりもいいだろうな。

.






















朝ごはんはビュッフェスタイル。

朝ごはん





















ハムやサラミなど。

朝ごはん





















フルーツ

ブッフェ





















スプマンテもあったので朝マンテ(笑)

スプマンテ





















生ハムメロンとモッツァレラにソモン。

.






















オムレツはハム&チーズですが、でかい^^

オムレツ





















フルーツ 苺には蜂蜜をかけて

フルーツ






















.





















Barもあったんですね。

Bar





















らしいといえば、らしい・・・

Bar





















釣りしてる人がいたり、何が釣れるのかな?
アルノ川を後にまた旅立ちます・・・

アルノ川























続きを読む

ranmarun at 10:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 02, 2012

Villa la Massa @Firenze3

Villa la massa の夕食。


この日はお買いもの三昧しているともう真っ暗の夜。
アルノ川のほとりを眺めながら・・・

アルノ川






















夜は、ホテルのレストランで。照明は暗いです。

アミューズはチーズとジャムと蜂蜜。すでに酔っぱらっているので何だったか覚えてない^^;

アミューズ






















タコとベーコンのサラダ仕立て

.





















スモークベーコンの細切りとプルポをジャガイモやレタスと混ぜ合わせます。

タコのサラダ






















ランゴスティーヌだったか・・・

.





















魚介のタリオリーニ

パスタ





















これは何だったか記憶失念w

パスタ





















ビステッカ・アラ・フィオレンティーナも食べました。


ビステッカ





















上品な火入れ具合で美味しいです。
付け合せはポテトとズッキーニとスペルト小麦のリゾット。

ビステッカ





















ドルチェはパス。


ワイン





















ロゼスプマンテとワインに酔いしれました。



ranmarun at 23:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 01, 2012

PERSEUS@Firenze3

ランチの前にフィレンツェ市場にて。
野菜や果物もフレッシュです。

市場





















フレッシュポルチーニも買って帰りたいけど虫さんが気になるな。

ポルチーニ





































1キロで14ユーロくらい。安い。

ポルチーニ





































ハム屋にて、白トリュフサラミとポルチーニサラミを購入。
試食もさせてくださいます。

・





















白トリュフと秋黒トリュフ買います♪

トリュフ





















白トリュフのフロマージュが美味しかった。
ラビオリ包みとかもあるのですが、生など持って帰れないのでパス。

.





















お惣菜も豊富。

惣菜






















マーケットの後、ランチで「PERSEUS」へ。
ここは、名物のビステッカ・アラ・フィオレンティーナを食べに♪

メニュ





















入り口のはいろいろ素材。

.





















入り口には、キアナ牛のブロックが豪快に吊るさっています。
他の素材もいろいろ。

キアニーナ






















店内は古き良きな雰囲気。

店内





















まずは、バーニャカウダ

コベルトでフリーです。大ざっぱなんですが、セロリやラディッシュ、人参、レッドキャベツなど野菜いっぱい。


バーニャカウダ






















赤ワインは最初からテーブルに置いてあり、1.5リットル。飲み放題というわけではありませんが、水のようにがぶ飲みスタイル。

ワイン





















白インゲン豆と牛アキレスの煮込み

とろとろコラーゲンのアキレス腱と白インゲン豆をトマトで煮込み優しい味わいです。

ファジョリ






















花ズッキーニのオープン焼き

ラルドとハーブで巻いて焼いた花ズッキーニにトマト添え。イタリアの花ズッキーニは大きいなあ・・・

ズッキーニの花





















中は、ミンチした牛肉とハーブを混ぜた物が入っています。
美味しい♪

.






















で、串焼きしたお肉が来ました!

ビステッカ





















いかにも肉屋〜というご主人が捌いてくださいます。

.





































これがうまくてさ。

ビステッカ






































レアで焼いてもらいました。細かな肉質から味わえる肉の旨味。
完璧に焼いた火入れの肉からは肉汁はこぼれないのです。
肉を噛むごとキアナ牛の熟成した血合いと繊維質の濃厚な美味しさ。
どんなに高級な和牛フィレでも、この肉の力強く深い旨味は味わえません。

キアニーナ ビステッカ






















キアナ牛の素晴らしさを実感しました。

店内






















「Ristrante PERSEUS」

Viale Don Minzoni 10/R

+39 055 588226





ranmarun at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 31, 2012

ランプレドットバーガー@Firenze3

フィレンツェに着きました。
夕方のアルノ川。雨も止んで静かに落ち着いています。

・





















ドゥオモ。前回訪れた時は、上まで登りました。
裏側は確か改装中だったけど、改装されて綺麗になったかしら。
裏までは見に行けず。

ドゥオモ





















途中で寄ったチンギアーレ(猪)の銅像。この鼻をなでると幸福になるんだって。
中国だと大仏の親指をなでるとみたいな(笑)

チンギアーレ





















今までフィレンツェに数回行っているけど、これは知らなかったのでなでなで。

チンギアーレ






















その先の屋台でランプレドットバーガーを食べる。
フィレンツェでは名物。ランプレドットとは牛の第4胃で、トマト、パセリ、セロリなどとの煮込みですが、意外に屋台で食べたのは初めてでした。


.





















パニーノにはさまれたランプレドットは、辛めのサルサベルデという青唐辛子のソースが加えてあります。
アメリカだとホットドック的なんだろうけど、煮込みがウマイ。
その場で鍋から切り分けてパニーニにはさんでくれる。なにげない料理なんですが、コップの赤ワインと共に体温まる。

ランプレバーガー





















美味しかったです♪
その後いろいろお買いもの。

夜のアルノ川。空気はひんやり冷たいけれど、心はほんわか温まる。。。

アルノ川
























ranmarun at 16:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 30, 2012

Villa la Massa@Firenze4

フィレンツェから郊外へ車で30分くらい。
「Villa la Massa」
に着きました。


Villa de massa





















大木が植えてあるエントランス。

.




































小さなテラス席。

・





















ロビーは吹き抜けになっています。

.





















お部屋は屋根裏小屋みたいな雰囲気で、木組みの天井が見えます。

・





















ホテルからフィレンツェ市内へのシャトルバスが出ているので、少し街探索しようかなと・・・




帰ってくると、おぼろ月夜の静かな夜です。

Villa de Masa






















天井が吹き抜けになっているロビーを上から眺める。

..





















メインダイニングで夕食です。

.





















スプマンテはフランチャコルタ・べラヴィスタ 2006

スプマンテ





















アミューズ
もちもちしたパン生地の上にポルチーニのムースだったかな。

アミューズ





















旬の白トリュフもありますよ〜とのことで。
グラム/9€でした。

白トリュフ





















トリュフメニューの中から

目玉焼きをグリーンアスパラガスのソテー

に白トリュフすりすり。
やはり卵とトリュフは相性がいいです。
今年は白トリュフが高騰しているので、すりすりを止めて頂くタイミングにも緊張する^^;

目玉焼き





















牛肉のカルパッチョとパルミジャーノのサラダ仕立てにもすりすり。

牛肉のカルパッチョ





















リゾット

イタリア米のほっこりアルデンテな火入れが素晴らしいです。
リゾットはシンプルが一番。

リゾット





















オマール海老のタリオリーニ

この茹で加減とソースの絡み具合が素敵。

パスタ





















メインは、トラディショナルにオーソ・ブッコ

トマトベースで柔らかく煮こまれています。ズッキーニや人参、パプリカなどのお野菜とサフラン風味のリゾットとマッシュポテトを軽く焼いたものが付け合せ。

オーソブッコ





















牛肉のソテーには、ハンバーグよりもゆるい、ハーブの効いた餃子餡のような挽肉のペーストがのっていて、面白い食感でした。

・





















スプマンテと赤ワイン

BELLA VISTA 2006とCamartina 2005

ワイン





















ドルチェはミックスベリーのミルフィーユ


ミルフィーユ





















プティフール

プティフール





















お腹いっぱいな夜でした。



「Villa la Massa」

Via della Massa 24 Candeli 50012

+39 055 626 11

ranmarun at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 19, 2011

Calaluna @ Milano4

イタリア最終日、午後便の前に軽くランチをと「Calaluna・カラルーナ」へ行きました。
サルディーニャ料理のお店で海鮮系が美味しいです。
日曜日もやっているので、休日ミラノ飯に困ったときはいいかも♪

カラルーナ

















まず運ばれてきたのはパニーニ。


パニーニ

















いろいろ食べたいメニューばかりでしたが、ここは大皿なので大勢で来ないと種類たべれません。

スキャンピのグリル

ひぃふぅみぃよぅ何匹分だろう。甘く柔らかで美味しい♪

スキャンピ

















隣の大箱テーブルを見て、あれ食べたいんですが・・・少量で・・・と帆立のグリルと蛸とシラスも頂きました。
画像撮り忘れましたw

ワインは、またMANCHINI。

パスタは 
雲丹とボッタルガとトマトのタリオリーニ
メニューではニョッキだったのですが、タリオリーニに替えてくださいとお願いしました。濃厚な雲丹のソースとトマトの甘み。ボッタルガが和えてあります。
この濃厚な絡み合いたまりません。

雲丹とトマトのタリオリーニ

















どんぶりにたっぷりのボッタルガかけ放題です。
これプリモの海老や帆立にもかけたかったな^^;

ボッタルガ

















さらにふりかけのようにたっぷりかけました。
ねっとりボッタルガ最高♪
雲丹の味も濃いのでどちらも負けません。

たっぷりかけて

















時間がないので、セコンドはパス。
食後は自家製レモンチェロ。一瓶運ばれてきてこれも飲み放題です

リモンチェロ

















3杯くらい頂きました。


リモンチェロ

















ビスコッティとエスプレッソで〆。


ビスコッティ

















大急ぎでリナーテ空港に向かいます。

.

















「CALALUNA」

Viale Piave 38

02-2940-1982






ranmarun at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 18, 2011

BAIA CHIA @Milano4

お腹ぺこりーのでサルディーニャ料理の「バイアキア」へ。

アットホームでこじんまりしてるんですが、満席予約必須のお店です。

バイアキア

















とりあえず、ハラヘリーノはパリパリ。

.

















トンノとカルチョフィのサラダ

赤身の鮪とアーティーチョークをオリーブオイルとからすみで和えてあります。
シンプルだけど、この時期のカルチョフィは若芽でしゃきしゃき生が最高♪
少し時間おいてしっとりとしてからが味がしみてウマいのです。


トンノとカルチョフィサラダ

















サウーテ デ コッツェ

ムール貝のガーリック蒸し。定番ですが、いくらでも食べれてしまふ。


ムール貝



















スパゲッティ コン カラマリ エ ボッタルガ

この時期のイカはホタルイカでして、
そこにたっぷりからすみがカラマリ絶妙〜♪


ボッタルガ

















スパゲッティ コン フルッティ デ マーレ

魚介のパスタです。ムール貝、海老、蛸、アサリ。
トマトソースも絡んでいて、最高なの。

フルッティ デマーレ

















ワインは終始マンチーニ。2本飲みました。


ワイン


















小海老と雲丹のパン粉焼き。ガーリック強し。


.

















なぜかタリアータ。
ここは仔豚の丸焼きもあるらしいけど、大人数でなくてはね。

タリアータ

















ヤス〜ウマ〜ナ♪
お婆ちゃんカワイ〜ノ

Grazie. E stato un pasto molto piacevole.


「Baia Chia」

Via Antonio Bazzni 37

02 2361 131



ranmarun at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 17, 2011

Westin Palace@Milano4

ミラノに着きました。

夕陽に照らされるドゥオモ。
都会に帰ってきた〜という感じです^^

ドゥオモ

















ホテルはウェスティン。よく泊るホテルですが、サローネでべらぼうに高いこの時期。どうでもいいビジネスホテルでも€300以上。ここの前日までは€3400とかあり得ない値段でしたが、直前で€210でGet!2か月前に押さえたどうでもいいホテルはもちろんキャンセル。
ウェルカムフルーツもいっぱいでした。苺おいち。

ウェスティン

















しかもUPグレードされて、床スペースが広い・・・
もうちょっとソファとかテーブル大きくてもいいのにね。
クローゼットと廊下のスペースも無駄に広い。
いやこれでも普通に泊れば€1000以上のお部屋。

,

















だって、奥部屋には、大理石調のスチームサウナがあるもん。
一人ではもてあますスペースです。
岩盤浴ならぬ大理石浴!?
酔い覚ましに蒸し蒸しするか^^;

sauna

















夜のドゥオモは白く輝く塔。
お祈りしました。

ドゥオモ

















ギャラリアも綺麗。満員御礼。


.

















アーケードドームの天井がカラフルにライトUP。


.




















ライトUP

















何かのイベントだったのかな?通りすがりですが、ブループレイン。


.

















ここにヒールを♪踵を♪
Hose Hole。思いっきり踏みつけてあげました。きらり〜ん(笑)
キンタマルトイイナ(・∀・)

Hole



















ranmarun at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 16, 2011

Villa D’este @Como Vol.34

昼寝から目覚めると、窓から美しい湖畔の景色。

.

















崖にもこんな風景。

.



















夕食は昨日のリストランテ@ベランダ

コモ湖のアクアミネラーレ。
デトックスの後には、体が水を欲しています。

コモ水



















牛カルパッチョと、モッツァレラクリーム

朝食にも出てきましたが、こうやって綺麗に盛りつけられるとまた違った美味しさ。小さなドライトマトがのっています。

牛カルパッチョとモッツァレラ

















サラダ シーフード

イカ、帆立、海老、などシーフードとお野菜とオレンジ、トマトのブルスケッタなど盛り合わせ。

サラダシーフード

















オマール海老のパッパデルレ

板状のパスタにオマールのエキスがしっかり染み込んでいて、まるまる一匹使ったのでしょう。爪から肉からぎっしり具沢山でした。Hit!


オマールパッパデッレ


















舌平目のムニエル

浅蜊の出汁とむき身がソースを絡み合い、こちらも美味しかった。
スペルト小麦のリゾットにもアサリエキスが。


舌平目


















ワインはGAJA 

終始魚介で通したけれど、その旨みを惹きたてる優しい口当たりと香り。


Vino

















ドルチェはクレープシューゼットをお願いしました。
目の前で作ってくださる所はなかなかないけれど、ここで頂けるとは幸せ♪

クレープシューゼット

















ファイヤーメラメラわくわく
焦がしバターとアルコールの飛ぶ香り。このプレゼンが好きなの♪

ファイヤー

















そして、濃厚なクレープシューゼットの出来上がり
幸せな一皿〜

クレープシューゼット

















食後は、館内をお散歩。

.

















アンティークバカラのシャンデリア


シャンデリア


















素敵な夜に感謝いたします。

,

















Arrivederla. Lago de como.

.

















「Villa D'este」

via Regina 40-22012 Cernobbip Como

39 031 3481



ranmarun at 23:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)