ロシア

November 27, 2008

パールキン@サンクトペテルブルグ3

ネフスキー通りにある「パールキン」という老舗高級レストランへ行きました。

店内は、絵画と生ピアノ演奏で高級ホテルのレストランのような雰囲気です。
しかも、サービスの方が全員イケメンですハート達(複数ハート)

グラスシャンパーニュはルイロデでした。
 
パールキンバター












バターは3種。パンも美味しいです。特にロシアは黒パンが美味。

アミューズでトリュフのムース。
トリュフのムースサーモンのムースとスキャロップのミルフィーユ仕立て











前菜は、「サーモンのムースとスキャロップのミルフィーユ仕立て」
サーモンの柔らかなムースと帆立が交互に挟んであります。上にはイクラ。
ビーツとハーブを使ったソースがまた合います。

「キングクラブとトマトとアボガド」  そして「黒トリュフのスープ」

キングクラブのサラダとトマト・アボガド黒トリュフのスープ












蟹も美味しいし、フィンランドの塩加減が辛かったので、心配でしたが、ロシアは、日本人にも合う塩加減です。

スープが濃厚でめちゃ美味しかったです。ベースはポルチーニとトリュフだと思うのですが、そこに黒トリュフのオイルソースを注ぐと・・・芳醇な香りで卒倒しそうでした。ロシアは茸の種類も豊富です。

お口直しの「こけもものソルベ」
お肉は「キジのロースト、自家製ソーセージ」

グラニテキジのローストと自家製ソーセージ












キジ肉はが柔らかく美味しい・・・ソーセージも美味です。ソースをかけるとまた絶品♪ロシア料理というより、フレンチですけど、レベルは高いと思います。
ここまで来てもフレンチ食べたくなる私って・・・

デセールは、メニュー豊富だったので、盛り合わせて頂きました。
いろいろあったので、内容はなんだったか忘れてしまいました。

デセール盛り合わせ












たしかショコラ・ベリー・ピスタチオ・大好きなもの尽くしでした。

サービスもしっかりしていて至福の時でした

人気ブログランキングへ

ranmarun at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 26, 2008

ロシアより3

ヘルシンキからサンクトぺテルブルグまで40分のフライト飛行機で着きました。簡素な空港です。

サンクトペテルブルグ空港モスクワ駅












ロシアは、VISAを取るのに一苦労。観光ツアーなら旅行会社が代理してくれますが、個人だと現地からの招聘がないと取れません。
3ヶ月前から手続き交渉していて、ようやく取れました。

市内観光は一人でもできますが、郊外へは、まず無理。
次の日、現地でガイドを頼んで、ピョートルとエカテリーナの豪華絢爛な夏の離宮「ペトロドヴァレツ」を訪ねてみました。

ペテルブルグ市内から車で1時間ほどです。
大宮殿宮殿












ヴェルサイユ宮殿をモデルにした庭園。夏ならば、緑と噴水が美しいのですが、さすがにこの時期は、運河も凍り、噴水はなし。黄金の像も箱に入ったままでした。宮殿内は写真撮影禁止だったので、画像はありません。

(夏のイメージ:抜粋)
夏のイメージ夏のイメージ











夏はこんな豊かな景色が見れるのですが冬は閑散としています。
その分、観光客が少ないので、宮殿内はゆっくりみられます。

(冬の庭園)
噴水ネプチューンの噴水











う〜ん閑散としています。園内には150の噴水と4つの滝があるそうですが、やはり夏の時期に来ないとこの素晴らしさは味わえないようです。
この日、厚い雲の中から、久しぶりに青空が見えたとのことで、美しい夕焼けも見えました。まだ14時ですが・・・16時には日が暮れて暗くなってしまうのです。

上の庭園













市内に戻り、お腹が空いたので「文学カフェ」へ。文豪達やプーシキンも運命の決闘前に立ち寄ったと言われる、観光名所なレストランです。
観光シーズンは満席になるらしいです。

文学カフェ店内












ロシア民謡が流れる店内で、「シチ」というスープを頂きました。ビールはバルティカが旨いです。0から9番まであって、0はノンアルコール。9番は8%。7番くらいがちょうどいいです。
パイポットシチ












パイ包みのポットの中に、お野菜やお肉がいろいろ入っています。
これにビーツが入るとボルシチになるのだそう。キャベツの酢漬けと香草が入った少し酸味のきいたスープですが、パイがさっくり美味しいし、あっさり味に、体が温まります。

早くできる料理はないかと聞いて「ビーフストロガノフ」

シチビーフストロガノフ












有名なストロガノフ邸も近くにありますが、お店によってスタイルは異なるようです。ここのは、クリームが少なめのあっさり塩胡椒味でした。

蝋人形













蝋人形がありまして、パチリカメラ
寒い国で日照時間も短いですが、なんだかわくわく・・・♪

人気ブログランキングへ



ranmarun at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)