タイ

February 11, 2019

バンコク・マリオットホテル・スクンビット@バンコク

バンコクの最終日は、「バンコク・マリオットホテル・スクンヴィット」に泊まりました。
BTSのトンロー駅から徒歩3分のスクンヴィット通り沿いにある高層ホテルです。
ここの49階の屋上にはルーフトップバーがあり、前から行きたいなと思っていて、前々日に2000バーツくらい下がったので予約を入れたのでした。まあそれでも1万バーツくらいするので高いホテルではありますが・・・

53145694_2171441292901720_5653519014261948416_n
































ロビーの天井は高く、奥にはレストランがあります。

53036331_2171441372901712_2291586376375730176_n


















ホテルは36階くらいだったかな。高層階にアップグレードしてくださったようですが、広さはまあ普通かな。

53347593_2171441389568377_7632319492453826560_n


















真ん中に洗面所やバスルームと仕切る引き戸があり、これを開けたままにしておくとわりと広めに感じることができます。

53224183_2171441436235039_4482407386853670912_n


















アメニティはThann。日本を含めアジアのマリオットは大体このシリーズです。

53088191_2171441526235030_1411180825872957440_n


















バスルームは窓際に面していて、丸く深めのタイプです。

53050621_2171441462901703_4841808583735640064_n


















少しゆっくりしてからバーに行ければいいなと思っていたのですが、相方が突如急性胃腸炎で寝込んでしまったので、バーは諦めて、持ってきてくれたワインをお部屋で一人飲みしていました。
目黒さんのワインのAnco。デラウェアですが、すごくフルーティーで美味しいです。

P2060283


















お腹が空いてきたので、ルームサービスを頼みました。
ソムタムとゲンキョーワン。鶏肉のグリーンカレーです。辛さはどちらもミディアムにしてもらいました。

P2070287


















ソムタムは、青パパイヤのサラダにキャベツとインゲンの他に、グリルした海老や揚げた魚の皮、塩卵、春雨がトッピング。この甘辛な味がデラウェアの果実味や香りを引き出してくれて、ワイン単体で飲むよりもさらに美味しくなります。

P2070285


















ゲンキョーワンは、柔らかな鶏胸肉がたっぷり入っていて、ココナッツミルクもたっぷり。使ってマイルドな辛さです。もう少し辛くしても良かったかな。
たっぷり。ちびちび飲みながらも、ワインは全部飲んでしまいました。目黒さんのワインは個性があるけれど、デラウェアのモモはスパイシーなタイ料理にばっちりでした。

P2070284


















続きを読む

ranmarun at 17:30|PermalinkComments(0)

February 10, 2019

プライラヤ プーケットキュイジーヌ@バンコク

この日は午前中にホテルから徒歩3分くらいのマッサージサロンに予約をしていました。
「Urban Retreat」というわりと高級なサロンです。かなり大箱なのですぐ行けるかと前日行こうと思ったら、予約がいっぱいだったので、次の日の午前中に予約を入れたのでした。

52703721_2171293096249873_500946727499464704_n


















店内はアロマの香りが漂い広くて綺麗なロビーです。

53067037_2171293112916538_1053949665512259584_n


















タイマッサージの他にオイルマッサージのメニューが充実しています。オイルもスイートアーモンドオイルやアボカドオイル、ココナッツオイルなど選べるようになっています。強めのタッチのマッサージにハーバルボールをつけて全身90分の施術を受けました。90分1800バーツなのでわりと高めですが、ホテルのスパで受けるよりは安いです。施術のお部屋はシャワールームも完備していて、清潔でした。

52914605_2171293149583201_6529817759985958912_n


















90分間ゆったりとしたマッサージを受けた後は、ハーブティ。足のむくみも取れてすっきり軽くなりました。

53464686_2171293166249866_3018074150259392512_n


















リラックスしたらお腹が空いてきたので、昼食は、「プライラヤ」に行きました。
ナナ地区にあるタイ南部料理のお店です。先日行った「クアクリン」もタイ南部料理でしたが、最近バンコクにも南部料理のお店が増えつつあるので、食べ比べてみたかったのです。

52846926_2171293186249864_5812149598365417472_n


















コロニアル調の邸宅で、プーケットでは20年以上にも渡り、タイ南部とプーケットの味を守り続けてきたプーケット出身のオーナー・プライさんが経営するレストランです。バンコクのお店はその姪っ子のラヤさんが手がけ、2015年にオープンしました。お庭も綺麗に整備され、大小フラミンゴの置物が迎えてくれました。

53289715_2171293209583195_1187768983755948032_n


















プーケットの「シノポルトギース」という中華ポルトガルの建築様式で床にはタイ伝統のモチーフタイルが使われています。

52779873_2171293262916523_8515015248367845376_n


















まずは、プーケットのチャラワンビール。

P2060267


















Stir fire satow stink beans with prawn

メニューはいろいろ食べたいものがあり迷いましたが、sataw pad kapi goong。これは外せないサトー豆と海老のカピ炒め。
クアクリンでも食べましたが、こちらの方がサトー豆の緑の青味とプリッキーヌのきりっとした辛味が立っていて、カピの塩味や旨味も濃いめです。

P2060269


















ご飯は、ジャスミンライスと黒米ライス。

P2060268


















ご飯と一緒に食べると辛さもマイルドになり、旨味が引き立ちますが、何度食べても飽きない美味しさです。これ大好き♪

P2060270


















Spicy mango salad

ヤム・マムアン。青いフレッシュマンゴーを千切りにして唐辛子やナッツ、ナンプラーなどと和えたサラダです。ソムタムにも似ていますが、こちらは青いマンゴーを使うのでその酸っぱい味が特徴。シャキシャキした歯応えのある青マンゴーの酸味がさっぱりと辛くて好きな味です。

P2060273


















Fresh crub meat with lime

身厚な蟹肉を卵と唐辛子とカレーパウダーで炒めて。ゲーンプーもいいけれど、こちらの方がぷりっとした蟹の甘みや旨味を味わうことができます。ほんのりライムの酸味で、ここの蟹肉は美味しい。

P2060271


















Seafood Basket

これなぜ頼んだのかわからなかったけれど、海老フライ、イカフライ、白身魚のフライ。
衣は厚いし、イカは硬くて食べれなかったな。タイ料理でもないしねえ。

P2060278


















Fish organ

タイ南部の魚カレーでは一番辛い料理だそうです。魚はおそらく南国の魚を燻製にしてから煮込んである感じなのですが、モルディブフィッシュのような鰹味。そこに茄子や大根か蕪のような根菜やセロリ、筍、茸などいろんなお野菜をスパイスで煮込んである感じ。
これがまた独特の味でして、最初はちょっとスパイスの苦みがあるなと思いながら食べた直後は全然辛くないのですが、数分後にいきなり舌下神経にびりびりとした辛さが襲ってきます。

P2060276


















数分後に強烈に襲ってくる辛さにびっくりしながら、生野菜をぼりぼりかじりながら緩和しますが、この時間差で感じる辛さって何なのだろう。
辛さが収まり、またこれが食べたくなるリフレクションを繰り返しながら、食べ終えましたが、時間差に追いかけていく辛味の真相はわかりませんでした。

P2060277


















食後はこのヒート感を静めたくモヒートで。随分時間がかかるなと思っていたら、どうやらハーブ園があるらしく摘んできたばかりのフレッシュミントで作ってくれました。

P2060279


















南タイ料理はまだまだ奥深く、他にも色々食べてみたいです。

「Prai Raya Phuket Cuisine」

59 Soi 8 ,Sukhmvit Rd ,Bangkok

02-253--5556

10:30~22:30


ranmarun at 14:00|PermalinkComments(0)

アマット ロットディ@バンコク

「アマット ロットディ」に行きました。
BTSのトンロー駅から徒歩5分くらいの所にあるイスラム系屋台料理のお店です。

53030582_2169711199741396_2057730221766868992_n


















昨年も行って美味しかったので再訪。
ここのマダムが大鍋で仕込むカオモックガイとスープガイが絶品なのです。
注文すると数メートル離れたテーブルまで持ってきてくれます。

61f5be39-s


















カオモックガイ 45バーツ

カオモックガイはマサラスパイスとヨーグルトでマリネした骨付きの鶏肉を揚げてから、ターメリックライスと一緒にビリヤニのように大きな鍋で炊いたものです。フライドオニオンをのせて、ナムチムという甘辛のたれと胡瓜が添えてあります。

P2060263


















骨付きの鶏肉はご飯の中に隠れていて、ほろりと崩れる柔らかなお肉とご飯を混ぜ合わせながら食べます。ビリヤニほどはスパイスは強くなく、ナムヌアを少しかけると、その酸味と甘みが丁度良い感じ。ぱらっとしているので、後半はスップガイをかけてしんなりさせて食べても美味しいです。

P2060266


















スップガイ 40バーツ

スップガイはしっとりとした鶏肉と玉ねぎ、トマト、パクチー、フライドオニオンが入ったスープで、ライムの酸味と唐辛子の辛味がある中に、鶏肉の旨味があるさっぱりとしたスープです。
辛さは調節できるので、今回は少しマイルドにお願いしました。
カオモックガイの合いの手に刺激的な酸味と辛味がすっきりと食べさせてくれます。

P2060262


















昼前になると売り切れになる人気店。ラーマ9世通りにあるカオモックガイ専門食堂の支店の屋台だそうです。

「Ahamad Rosdee アマット ロットディ」

Soi Thonglor,Sukhnmvit Rd, Bangkok

8;00~13:00  (売り切れ次第終了) 土日休み


帰りに通り道沿いにある高級マンゴーの専門店でマンゴーを買って帰りました。

52961233_2169711229741393_2483857455033876480_n


















ranmarun at 09:30|PermalinkComments(0)

February 09, 2019

シェラトン・グランデ・スクンヴィット ホテルの朝ごはん

バンコクのホテルは、初日から数泊は「シェラトン・グランデ・スクンヴィット」に泊まりました。
このホテルはBTSのアソーク駅から歩道橋で直結しているので、便利な立地です。

お部屋はUPグレードされましたが、いつもの広すぎるジュニアスイートではなかったけれど(春節に時期で中国人客がが多かったせいか)、ベッドはキングサイズだし、逆に適度な広さなので快適。

着いた日の朝ごはんは、「ロッシーニ」で。ここは通常イタリアンレストランです。

18c06697-s


















生ハムの原木はふわっと薄切りにしてありました。

dcf70115-s


















サラダやハム、フルーツなどはヴュッフェスタイル。ここのモッツァレラブラータが美味しいので、トマトとルッコラなどと共にサラダでたっぷり食べました。

3b6e60ff-s


















メインの料理は卵料理は、オムレツやポーチドエッグの他、エッグベネディクトや蟹と海老のオムレツビスクソース、スペイン風オムレツなどいろいろあります。その他サーモンのグリルやカオパットなどもあり、結構充実しています。前回はアンガスビーフのテンダーロインステーキがあったのですが、メニューからはなくなっていました。サーモングリルとカオパットをオーダー。

52475670_2160498243996025_6870670715398389760_n
































フレッシュジュースはテンモーパン。スイカのジュースです。ここのは果肉を裏ごししていて、さらっとしているけれど、本当は果肉がシャリシャリしたスムージータイプの方が好きです。他にもマンゴーやパイナップル、パッションフルーツやドラゴンフルーツ、メロンのジュースもあります。

52702680_2160498283996021_2366748351300370432_n


















アラスカサーモンのグリル

美味しかったアンガスステーキがなくなっていたので、アラスカサーモンのグリルをオーダー。かなり分厚いサーモンは、ほうれん草やグリルトマト、オランデーズソースが添えてあります。

52545261_2160498330662683_1067306807644389376_n


















カオパット ガイ

大きめの鶏肉がごろごろたくさん入っている、リッチなカオパットガイ。目玉焼きの焼き加減も完璧です。ナンプリックナンプラーと一緒に、目玉焼きを崩しながら食べました。

52058132_2160498290662687_8782010485869379584_n


















デニッシュやイタリアチーズのコーナーも充実しています。

fdcd77b9-s


















フルーツで〆。マンゴー美味しい。

1c79ea80-s



















2日目の朝食は、1階の「オーキッドカフェ」で。
ここはヴュッフェスタイルで結構混雑していますが、メニューも豊富です。
特にタイ料理のメニューはスープやジョーク(お粥)、一品料理が日替わりで変わるので、連泊していてもいろいろ楽しむことができます。

この日のスープはトムカーガイでした。
野菜補給にサラダ盛り盛りで。

52854509_2165970993448750_587544383562186752_n


















クイティアオやバーミーなどの麺料理のブースもあり、センレック、センヤイ、センミー、バミー、ウンセン、翡翠麺などの麺を選び、好みの具材トッピングが選べます。

52911820_2165971020115414_6955066638081196032_n


















麺の具材もルークチン(肉団子)や魚、鶏、豚、牛、豆腐などから選ぶことができます。
センレックで鶏団子で作ってもらいましたが、その画像が取り忘れました。

52596427_2165971043448745_4211886543842836480_n


















フルーツも豊富。特にマムアンは切り分けて出てくるとすぐになくなってしまうくらい大人気です。

52820201_2165971090115407_4953365166633779200_n


















52911201_2169711126408070_3008990573601226752_n


















3日目の朝食も「オーキッド・カフェ」で。
タイ料理は昨日とメニューが代わっていました。

52840336_2169710956408087_5414796683181555712_n


















スープは昨日はトムカーガイでしたが、この日はトムサッブヌア。牛肉の辛くて酸味のあるスープです。

52926508_2169710893074760_4255474509072564224_n


















おかずも色々。ポークレッドカレー、ヤムウンセン、揚げ卵やかいらん菜炒めなど。

52989675_2169711026408080_581386212208541696_n


















ジョーク(お粥)もチキンから魚に代わっていました。

53137512_2169711096408073_5444345035975819264_n


















マムアンは美味しくてたっぷり食べちゃました。朝食は毎日ここでも飽きないくらい。

53057868_2169710996408083_5103356303762259968_n




























ranmarun at 09:30|PermalinkComments(0)

February 08, 2019

80/20 bkk 〜Vol.2〜@バンコク

「80/20」の続きです。

Grilled Oyster ,Seepweed butter,Picled Blood Cockle,Spicy Black Garlic Glaze,Jicama,Cauliflower

タイ産の牡蠣と赤貝。おかひじきやカリフラワーのスライス、麦のクリスプ、ヒカマ。

P2050242


















Gran Monte asoke valley Verdelho 2018

タイのベルデホのワイン。すっきり辛口。

P2050241


















”A Dream of Trang BBQ Pork" Served with Sticky Rice Infused Seasonal Mushroom,Fermented Chili Sauce

タイ南部の豚肉のバーベキュースタイルの再構築な感じでしょうか。発酵ニンニクと蜂蜜のソースを塗り、発酵チリソースを添えて。

P2050246


















葉に包んであるのは、茸とカオニャンのちまき風。

P2050250


















サトーというもち米から作ったお酒です。

P2050248


















Rayos Uva 2016 Orivier Riviere

スペインリオハの赤ワイン。

P2050243


















Smoked Duck Breast,Duck Sausages with Offals

鴨の胸肉は、しっとりと柔らかな肉質。鴨の内臓のソーセージを添えて。

P2050253


















鴨胸肉が上品に仕上げてあり、鴨内臓のネームが辛旨絶品です。

P2050255


















Chateau Trocard La Bure 2016

赤ワインか日本酒の玉桜が選べましたが、ボルドーの赤ワインにしました。

P2050252


















Served with Rice Salad, Preserved Vegetable ,Duck Jus Infused Long Pepper Curry

黒米のライスサラダはカレー風味のスパイスと酸味でさっぱりと。

P2050254


















Guava &Roselle

グァバと青りんごとロゼールオイル、パウダー。

P2050256


















Duck Egg Custard ,Roasted Pumpkin,Compressed Pumpkin,Pumpkin Kombucha,Ganache,Plaline

鴨卵のカスタード、カボチャ色々、カボチャのコンブチャのピュレ、ガナッシュ、プラリネなど。

P2050257


















Chocolate Log,Powder,Jujube ,Salted Egg Icecream,Aerated Chocolate

木の形をしたチョコレートと液体質素のエアリーショコラ、ナツメ、塩卵のアイスクリーム。

P2050260


















クールでアヴァンギャルド。タイ料理のエッセンスやフレーバーを用いながらも、ガストロノミーに仕上げたお料理は、驚きや楽しさの中に、ちゃんと美味しさがありました。
最近改装したばかりとのことで、キッチンやダイニングも今までより広くなったそうです。
料理人達のチームワークも楽しみながら作っている一体感がありました。

別部屋には発酵食材の部屋があり、ここでタイの食材などを使い、いろんな調味料を作っているそうです。また新たな料理が楽しみです。

52806581_2166028040109712_919085686668132352_n


















「80/20」

1052-1054 Charoen Krung Rd,Bangrak,  10500 Bangkok

8020bkk.com/


続きを読む

ranmarun at 21:00|PermalinkComments(5)

80/20 bkk 〜Vol.1〜@バンコク

レストランに行く前にホテルの「Bar Su」でかけつけ1杯。
シェラトン・グランデ・スクンヴィットではマリオットプラチナ会員はイブニングカクテルのサービスもあるので、前日行けなかったので、ちょっと行ってみたかったの。

ミックスナッツ、グリーンカレー味のポップコーンがくせになる。

52590338_2166002090112307_136117692682731520_n


















The Vada Gimlet

ジン、レモングラス、唐辛子、ライム、バジルのカクテル。
レモングラスの香りと唐辛子の辛味、ライムの酸味がすっきりと美味しくて、ちょっと疲れた体を元気にしてくれます。

P2050212


















パイナップルジュースとココナッツのピニャコラーダ風のノンアルコールカクテルも。

P2050213


















ちょっと遅れましたと、おつまみもいろいろ出してくださって美味しかったのですが、次のレストラン予約の時間が押し迫っていたので、おかわりのカクテルを頼めなくてスタッフにごめんね。
このBarの奥には前回行った暗闇レストラン「Dine in the Dark」があり、それも貴重な未体験で楽しかったのでお勧めします。

P2050214


















そして、向かうは「80/20(エイティ・トゥエンティ)」へ。
Oldtown Hostelという宿泊施設の1階にあります。

52594289_2166002096778973_7609923406963671040_n


















古い木造の建物をリノベーションしたそうですが、入り口には趣のある古い木の扉があり、ここから中に入ります。

52910010_2166002086778974_8742577343152783360_n


















中に入るとカウンターキッチンが見えてきます。

52358941_2166002070112309_6902021373909008384_n


















昨年から改装して、厨房やダイニングが広くなったそうです。

52748940_2166002183445631_3786330944953122816_n


















店内には個性的なアート。

52703780_2166002163445633_4672695530650861568_n


















この壁の絵柄も中庸な雰囲気があり、素敵な空間です♪

P2050215


















料理は、店名の「80/20」から、80%はタイの食材と料理、20%は他の食材と料理からというコンセプトだそうです。オーナーシェフのNapol Jantraget(通称Jo)とパティシェールのSaki Hosino(通称Saki)さんはカナダのフランス料理のお店で知り合ったというパートナー。もう一人のシェフのお名前は忘れてしまってすみません。

まずはアペリティフのカクテル。
Kieng(Side by Side) ジン、キュウリ、赤蕪、唐辛子、サンペレグリノ。
Fon(rain) ジン、バンダンリーフ、ココナッツ、凍頂烏龍、パームシュガー。

P2050221 (2)


















料理はテイスティングメニューで。

52588624_2166009670111549_5677226495001493504_n


















Chili Roulette

最初のスナックは、赤、黄、緑の唐辛子の中に、食べられる唐辛子に見立てたのロシアンルーレット的なプレゼンで、2種のドリンクが用意されています。

P2050216


















食べられる唐辛子は2つあります。まあこれは見分けがつくのですが、どちらかが辛くて、もう一方は辛くないという魅惑のルーレット。タイのデザートルークチョップをイメージして、共に豆やココナッツなどのペーストを使って作っています。私が選んだのは、ピリッと辛い。

P2050220


















これには、辛さを抑えるようなヨーグルトとロゼールパウダーのドリンクで、辛味を緩和させるように。

P2050218


















一方辛くない方は、薔薇とりんごのコンブチャ。この酸味が辛味を帯び起こすような感じが面白いです。

P2050219


















Goat Tartare &Fermented Rice  Coconut Crepe

山羊のタルタルと発酵ジャスミンライスバター、ココナッツミルクのクレープ。

P2050222


















タコス風に巻いて食べました。山羊のタルタルと発酵米にハーブやマサラのようなスパイスが効いていて、辛さがあり美味しいです。

P2050223


















A Bouquet of Seasonal Herbs and Greens

いろんなハーブのブーケ。右のペーストはサトーというお酒の澱と発酵魚のペーストって言ってたかな。詳細は忘れましたが、スパイスが効いていました。

P2050226


















Christoph Hoch Pet -nat Kalkspitz

オーストリアのビオディナミのスパークリングワイン。白い花やナッティな香り。

P2050224


















Curry Puff,Spicy Banana Blossom,Sweet Black Banana Sauce

タイのカレーパイ。黒バナナのソースは2週間ほど発酵させてあり、酸味と甘みがあります。

P2050227


















パイの中には、バナナの花をクアクリンという南タイのカレーペーストで炒めたものが入っているそうです。

P2050229


















Tiger Prawn Crudo,Winter Citrus Vinaigrette,Edible Sand,Edible Flowers

生のブラックタイガー海老に、ミカン、ドライガーリック、ナッツのクランチ、エディブルフラワー。
生海老はたたいてタルタルのようになっていて、コンポートしたミカンの甘みやニンニクやナッツの香りと共に。

P2050230


















Aphoros Aether ,Minko Blanco 2013

ポルトガルの白ワイン。後でもう1回持ってくるので、あれっと気づいて指摘したのですが、ペアリングの順番が間違っていたみたい。このワインはこの後2品先の料理に出てくるはずだったものでした。

P2050231


















Lightly Steamed Crab,Slow-Poached Winter Melon ,Winter Beans ,Okra

軽く蒸したレッドロッククラブの身とゆっくり煮込んだ冬瓜。エンドウ豆やオクラ豆、白く細長い豆などにチャイブの花とオイル。レッドロッククラブのコンソメをかけて。

P2050234


















Urban Rilesling  2015  St.Urbans Hof

メニューとワインが違うと言ったら、慌てて持ってきたのでブレました。

P2050235


















Smoked River Fish,Fish Mousse,Fermented Coconut Cream ,Pickle Kale Stems,Kale Crisp,Fried Betal leaves

燻製した魚はナマズかな。その唇肉と発酵ココナッツクリーム。ケールの茎のピクルスや、ベタルの葉のクリスプ。

P2050238


















目の前には炭火焼きの釜がありました。ここでお肉を焼いているみたい。

P2050239


















ここで、ビールを頼んで小休止。

P2050240


















後半に続きます。

「80/20」

1052-1054 Charoen Krung Rd,Bangrak,  Bangkok 10500、Thai

02-639-1135


ranmarun at 19:00|PermalinkComments(0)

February 07, 2019

クルアヌンソーン@バンコク

梯子3軒目は「クルアヌンソーン」に行きました。
カオソーイの「シップソーンパンナー」の同じ通りにあり、徒歩1分くらいです。

52598328_2164570443588805_4699721062605127680_n


















昨年行った時には、お休みだったので、今回営業していて良かった。

52650514_2164570513588798_1234339120872947712_n


















店内はパステルカラーの壁や椅子にテーブルはブルー色のシート。

52436980_2164570573588792_5443922591582519296_n


















氷入りのコップが用意されていて、ミネラルウォーターはフリーみたい。

52368339_2164570593588790_4552104999441661952_n


















メニューは炒め料理が中心で、具材を豚か鶏。揚げた豚、イカ、牛。海老とシーフード色々と選び、バジルと炒めるとか、ニンニクと唐辛子で炒めるとかオイスターソースやカレーパウダーで炒めるとか書いてありましたが、細かく表記されています。

52849930_2164570510255465_6547812577739538432_n


















細かい調理法で表記されているので、タイ語がわかればこの料理をこの具材でと頼む訳ですが、読めないと英語では料理がわかりにくいので、料理の名前を言った方が早いかも。

52598423_2164570550255461_8847297154159476736_n


















でも、ここで頼みたかったのは、カオクルックカピ。メニューには右下にありました。
カピという干海老の発酵調味料で味付けしたご飯にいろんな具材を混ぜ合わせて食べる料理です。
頼むとこちらのブースで何やらいろいろやっています。

P2050206


















後でちょっと覗くと、こんな感じの調理場でした。火入れする料理の調理場は奥に別にあります。

53010771_2164570620255454_1650965538588852224_n


















カオクルックカピ 50バーツ

カピという干し海老の発酵ペーストを混ぜて炊いたご飯に、マナオ、ライム、赤小玉ねぎ、青マンゴーの千切り、青赤唐辛子、錦糸卵、ネーム、ささげ。ご飯の上にも発酵させた干し海老とパクチーがのっていて、マナオを搾りながら、これらを混ぜ合わせて食べます。

P2050209


















全部ぐちゃぐちゃにまぜるのでなく、ご飯を崩しながら、それぞれの具材をちょこっとづつ合わせながら食べていくと、青マンゴーの酸味や赤玉葱の辛味、発酵海老の深い味わいが旨味の塊のように全体を調和しながら、そこにフレッシュな唐辛子の辛味がピリッときたり、焼いたネーム(発酵ソーセージ)の旨味や香りがアクセントになったり、錦糸卵の甘みが緩和してくれたりして、マナオとライムの酸味と香りがすっきりとした味で、全体的に優しい家庭料理の味わいにまとまっていました。

P2050210


















パッタイ 70バーツ

パッタイは平たい米麺を卵やもやし、ニラ、豆腐などと炒めたタイを代表する麺料理ですが、屋台のお店が多いので、実はあまり食べたことがなかったかも。
ここはぷりぷりの海老が沢山入っていて、野菜も豊富、干し海老やピーナッツがたっぷり添えてありました。味付けは甘みが強い醤油味でいかにも家庭的な味です。

P2050211


















他のローカル料理もちゃんとオーダーして食べてみたいかも。

「クルアヌンソーン」

17 Silom Soi3 ,Silom ,Bangrak,Bangkok

66 02 223 3689

7:00~14:00



帰り際に見た電線修理の1頁。鳥の巣みたいな電線をかきわけるのは大変だろうな(笑)

52605259_2164570640255452_3309648729681690624_n



















ホテルに帰ってからは、カロリーを消費すべく、プールで小1時間ほどしっかり泳ぎました。


ranmarun at 13:30|PermalinkComments(0)

February 06, 2019

シップソーン・パンナー@バンコク

はしご2軒目は「シップソーン・パンナー」というカオソーイのお店に行きました。
カオソーイはタイ北部のチェンマイの名物麺料理で、ココナッツミルクが入ったカレー味のスープと卵麺が入った料理です。以前はチェンマイでも中国人系イスラム料理の店でしか食べられなかったようです。
シップソーンパンナーという店名は、中国雲南省の西双版納(シーサンパンナ)タイ族自治州のことです。そこでカオソーイのような麺料理があるかどうかはわかりませんが、その昔雲南省に住む中国人ムスリムの多くが、ムスリム弾圧により南下しながらチェンマイへ移住してきました。ビルマ、ラオスにもカオソーイに似たカレー味の米麺がありますが、タイのカオソーイとはまた少し違います。歴史の中で南下移住していきながら発展していった麺料理で、ルーツはシーサンパンナにあるのではないかということから、この名前をつけたのではないかと思います。

小さなお店なので昼時は結構混んでいて、左の紙に名前を書いて待つシステムです。
運よく団体さんが抜けてくれて10分待ちくらいで入れました。

52550227_2164570426922140_4132339110956236800_n


















タイには何度も来ているけれど、実はカオソーイを食べるのは初めてでした。クイティアオの店はそこらじゅうにあるけれど、カオソーイの専門店はなかなかないんですよ。

52576425_2164570333588816_5902979278978416640_n


















カオソーイガイとカノムチーンナムヤーを頼みました。

52757246_2164570343588815_443110599107280896_n


















カオソーイ ガイ 35バーツ

カオソーイは鶏、豚、牛、挽肉団子と具が選べますが、鶏肉にしました。
もちっとした平打ち太めの卵麺に揚げたかりかり麺とココナッツミルクのカレー味のスープ。一見シンガポールのラクサにも似ていますが、ラクサは海老などでダシをとることが多いです。
カレー味といってもココナッツミルクの甘みが効いていて、辛さも唐辛子の辛さよりはスパイスのマイルドな辛さです。少しピーナッツのような香りもあります。

P2050200


















別添えの赤玉葱をのせて、混ぜ合わせながら食べます。味付けは結構濃いめなので、野菜をのせるとちょうどいい感じでできればマナオも絞りたいくらい。

P2050204


















高菜の漬物が置いてあり、これを入れると発酵した酸味や旨味がまた味の変化球になりました。
他にナンプリックナンプラーも置かれていて、タイ人は結構たっぷりかけていました。タイ人はほんと辛い物好きですね。

52558959_2164570383588811_5445337302270214144_n


















カノムチーン ナムヤー 35バーツ

ちょっとざらつきのあるカレースープと米麺は極細のセンミーかな。もやしとミント、バジルなどが別添えのトッピングです。

P2050201


















ヤーはドジョウのこと。そぼろのようにざらりとスープに溶け込んでいて、ココナッツミルクと唐辛子が溶けあったカレースープと共に、いい旨味になっていました。素麺のように細いセンミーとこのスープを混ぜ合わせて美味しく頂きました。

P2050202


















途中にもやしやバジルをのせて混ぜながら食べると平坦な麺の食感にしゃきしゃきとしたもやしやハーブの苦みが加わり、奥深い味わいになります。高菜を入れたり、具材を入れながらちょこちょこと味と食感の変化を楽しみました。

P2050205


















アイスティは、濃いめ甘めに入れてありますが、食中にも食後にもさっぱりとします。

P2050203


















「シップソーン パンナー」

18/1 Silom 3,Bangkok Thai

 +66  86 334 1489

7:00〜15:00




昼時はどこも美味しそうな匂いがただよっていて、ちょっとした裏路地にも美味しそうなおかず屋の店があったりします。こういうお店で好きなおかずをちょっとずつ選んで、ご飯と食べるのも美味しいんだよな。

52384527_2161914250521091_2370573174296281088_n


















焼きバナナのお店もちょっと惹かれました。

52944334_2161914270521089_8032475161561137152_n


ranmarun at 12:30|PermalinkComments(0)

February 05, 2019

ギンヘン@バンコク

「ギンヘン」というカオマンガイのお店に行きました。
BTSのサラディーン駅かMRTのシーロム駅が最寄り駅です。シーロムコンプレックスという商業ビルの左隣にあります。

52800479_2161914217187761_895959276349030400_n


















タイの食堂やレストランには、こ緑のどんぶりマークの看板があるお店をよく見かけますが、この緑の丼マークはタイの王家の血を引く料理評論家が「実際に食べて美味しい料理」を提供すると認めた認定マークなのだそうです。ミシュランに評価される前のタイのミシュラン版みたいなものかもしれませんが、よりローカルなフードに接しているので、このマークがあるお店は間違いがないそうです。

52678084_2161914040521112_5226193996220465152_n


















店の外にはカオマンガイ用の鶏肉がぶらさがっていたり、カオマンガイトー(揚げたチキン)が並んでいてテイクアウトもできます。

52902892_2161914030521113_9181003365595742208_n


















調理場にはカオマンガイ用の鶏肉を捌いたものがどっさりと準備されていますが、昼時は忙しいので、あっという間になくなっていきます。

52828217_2161914083854441_222190787209723904_n


















メニューは、カオマンガイ、カオマンガイトー、その2種類のミックスがあります。他に豚肉と魚のフライもありました。今回は、カオマンガイとミックスを頼みました。

52596447_2161914093854440_961126145116340224_n


















裏は単品と飲み物のメニューです。

52441789_2161914133854436_4043394689057947648_n


















カオマンガイ 40バーツ

まずはスープとたれが運ばれてきます。

53074180_2161914187187764_1282932548363616256_n


















鶏のスープで炊いたご飯に細切りにした鶏肉をのせて。
まずはそのまま食べてみましたが、しっとりと艶やかで柔らかく脂身も薄くあっさりとした鶏肉で美味しいです。ご飯も優しい味付けでふんわりとしています。

P2050191


















タレをかけてみますが、このたれがニンニクがや唐辛子の辛味が抑え目で、生姜が効いているのでその風味でさっぱりと食べることができます。他の店はだいたい刻んだ生の青唐辛子や赤唐辛子が入っていることが多いですが、ここのたれはとてもマイルド。その分鶏肉に旨味が含まれている気がします。

P2050197


















そして、スープはセロリの漬物のものようなものが入っていて、そのほのかな酸味と鶏の旨味のシンプルさが調和している薄味で、化調系でないのが嬉しいです。途中でご飯に少しかけてしんなりさせながら食べるのも好き。

P2050196


















カオマンガイとカオマンガイトーのミックス 45バーツ

スープと2種類のタレがついてきます。先ほどのタレとカオマンガイトー用には甘酢のチリソースです。

52588092_2161914153854434_3193562223301623808_n


















カオマンガイトーは、蒸した鶏肉にパン粉をつけて揚げたもので、いわゆるフライドチキンです。
これでも150円くらいだからほんとタイのローカル飯は安いよね。

P2050195


















それぞれに2種のタレをかけて食べました。ここのガイトーは鶏肉があっさりとしているだけにパン粉のカリカリとした衣が強調されてしまうので、カオマンガイがおすすめです。ガイトーはもう少し鶏の脂があり、厚切りで弾力がある他の店の方がバランスがいいと思う。個人的な意見ですが。

P2050198


















ここはあっさり系で品がいい味つけなので、かなり好きな味です。量も少な目でちょうどいいバランスなので、この後梯子飯する最初のお店としてはいいですね。
今まで食べた中ではモンコン・ワッタナーが一番好きですが、そこは血のレバーも添えてあるので、好みは分かれるかもしれません。

「ギンヘン」

189 Silom ,Khwaeng Silom ,Khet Bang Rak,Krung Thep Maha Nakhon 10500 Bangkok ,Thai

02 632 0200

6:00~20:30 (月〜金)7:30~18:00(土日)



ranmarun at 11:30|PermalinkComments(0)

February 04, 2019

Yodさんのイサーン料理@バンコク

プラカノンのフードコートにある屋台にイサーン料理を食べに行きました。
このフードコートには10店舗くらいの屋台が並んでいます。

52173532_2161700277209155_8233733540890542080_n


















その中でも人気なのが、ここ。
奥に進んでいくと左手にこの看板が見えてきます。
タイ語なので読めないけど、Google Mapsには「イサーン料理&レバ刺し&サーモンの刺身」と登録されていて、通称は「Yodさんのイサーン料理屋」とか「生肉屋台」と呼ばれています。
新鮮な魚介の刺身とレバ刺し、牛刺しなどが食べれるそうで、興味津々でやって来ました。

51816607_2140151376030712_435808407379771392_o


















この方がYodさん。日本には来たことはないそうですが、日本料理屋で修業されたそうです。

52942913_2161700523875797_4385014583895523328_n


















氷の上には、つぶ貝、海老、赤貝やらが並んでいます。

52673005_2161700327209150_163328058554580992_n


















メニューを見ると、刺身の盛り合わせ、サーモン、帆立貝、ほっき貝、たこ、海老と書かれています。
ユッケもあります。レバ刺しと牛刺しはメニューに書いてなかったけれど、レバ刺し、牛刺し、海老の刺身とユッケ、コイヌアを頼みました。

52453404_2161700347209148_2507257167006924800_n


















グリル料理もありました。ここには書かれていなかったけれど、コムヤーンとノムヤーンを頼みました。

52520553_2161700393875810_7207595725650132992_n


















こちらは別の店のイーサン料理のメニュー。フードコートなので、食べたい料理をそれぞれの好きなお店で頼んで頂けるのも楽しい魅力ですね。チュムチュム鍋を食べている人達も多かったです。

52382692_2161700463875803_1492681214748786688_n
































ソムタムを頼もうと思ったら、この店でオーダーしてくれということでした。イサーン料理だとプーが入ってしまうので、ソムタムタイでお願いしました。

52546697_2161700550542461_8619851156635516928_n


















飲み物はビール。Changビール。氷が用意されていますが一応冷えているし、薄まっちゃうので入れるのはやめておきました。シンハーの方がすっきり辛口でチャーンは甘口かな。

P2040168


















そして、刺身用のタレが運ばれてきます。
レバ刺し用の胡麻油と葱、白胡麻、塩。葱ポン酢、醤油。

P2040170


















レバ刺し

まず出てきたのは、生レバ刺し。日本では生は食べれなくなってしまったので、久しぶりのレバ刺しです。赤玉ねぎとニンニク、生姜が添えてあります。

P2040172


















葱と塩、胡麻油につけて食べると、しゃきっとした歯応えと甘みが口の中に広がります。久しぶりに食べたレバ刺しは鮮度も素晴らしく美味しいです。韓国の馬場洞(マジャンドン)に行くともっと新鮮でさくっとしたレバ刺しが無料で出てきたりしますが、ここは暑い国バンコク。しかも屋台でこれだけのレベルが出てきてとても安いんです。

P2040174


















牛刺し 海老の刺身

続いて、牛刺しと海老の刺身です。牛刺しはフィレ肉なのかどこの部位なのかわかりませんが、脂はなく赤身肉で見た目は鮪の赤身のよう。

P2040179


















こちらは葱ポン酢で食べました。噛むとしゃくっとした食感がありながらきめ細かな繊維の身とさっぱりとした旨味。それにしても今まで食べたことのある牛刺しとも鮪とも異なるし、牛肉特有の香りや後味もないので、ハラミの中心部分を切り出したものなのかしらと思ったけど、詳細はよくわかりません。とにかく美味しいかったことは間違いなし。

P2040189


















P2040188


















海老も生ですが、氷で締めて洗いのようにしてるのかしら。
ぷりぷりの食感の中にとろっとした甘みがあります。山葵醤油で食べました。この海老も美味しかったなあ。

P2040180


















ソムタム タイ

シンプルにソムタムタイで。生肉や刺身の合いの手にお野菜が欲しかったので、甘酸っぱい辛さがちょうどいいです。

P2040175


















ソムタムはカオニャオ(タイのもち米)と共に。

P2040176


















コムヤーン

豚の首肉をマリネして焼いたものです。日本では豚トロといって親しまれていますね。
ここのコムヤーンは薄味で豚のジューシな旨味がたっぷり。普通は辛いつけダレがでてきたりしますが、ここのはつけダレがいらないくらい美味しいです。

P2040177


















Leoビールを追加。
レオの方がチャーンより色が濃く、コクと苦みがあります。缶で飲んだことはあったけど、瓶の方が断然美味しいですね。

P2040187


















ユッケ

ユッケは卵の黄身と葱、赤玉ねぎと混ぜ合わせて。ユッケも久しぶりに食べたけれど、さっぱり味。

P2040183


















コイヌア

生牛肉や内臓に炒った米粉を砕いたものと香草、唐辛子、ナンプラーなどで和えたもの。ルアッド(血入り)ですが、全く血のくさみがなく美味しいです。辛さもわりと抑え目にしてありました。抵抗がある方は加熱したものもあります。

P2040184


















センマイも生で入っていたのですが、その透明感にびっくり。血で和えてあるので赤色をしていますが、こんなにしゃきしゃきしていて、全くくさみの無いセンマイは初めて食べました。

P2040185


















ノムヤーン

最後に豚のおっぱい肉を焼いたノムヤーン。
食感は牛タンよりもむっちりしっとりとした感じです。コムヤーンの方が美味しいけれど、男の人はおっぱいと聞くと頼みたくなるみたいね(笑)

P2040190


















深夜4時半まで営業しているお店なので、2、3軒目利用も可能ですが、中心地からはちょっと離れているし、駅からも結構歩くので、タクシーかGrabが便利です。2018年3月からはUberがGrabに売却され、東南アジア圏内は、Grabが引き継いでいます。


「Yodさんのイサーン料理」

Soi Pridi Banomyoug 43 ,Khwaeng  Khlong Tan nuea, Khet Watthana, Krung Thep Maha Nakhon 10110
,Bangkok ,Thai

+66 91 206 0005

19:00~4:30




ranmarun at 21:00|PermalinkComments(0)