中国

December 16, 2007

狗不理包子と全聚徳@天津・北京3

お昼は、天津名物の包子(パオズ)150年の歴史を持ち国家特級包子師がいる名物店「狗不理」へ。
その昔、肉マンを売るのを生業にしている「狗子(ゴウズ)」というあだ名の青年が居たそうで、彼の肉マンは評判で売れに売れるため、彼はお客と話をする時間もないほどに肉マン作りに邁進しました。巷では「狗子はお客を相手にしない」と囁かれるようになり、店の名前まで「狗不理」と呼ばれるようになったんだとさ。パチパチ…まあ、サービスよりも味を重視ってことですかね^^;
近年民営ブランド化されて、支店ができ、狗不理ビールなんてのもできたそうです。

狗不理狗不理ビール







まずは、熱々の猪肉包子
皮は厚めでもちもちしています。狗不理秘伝の味付けのジューシーなお肉がたっぷり。これを黒酢で頂きます。1皿8元なので1個1元。(15円)ですから安〜い!

三鮮包子と野菜包子も頼みました。

猪肉包子皮はもちもち、中はジューシー







野菜包子はおかひじきみたいな茎の細い野菜が入っていました。初めて食べる野菜です。ちなみにひだの数は必ず18枚だそうです。びっくりするほどの味ではなかったです。どちらかというと小龍包の方が好きかも。
野菜包子なんていう野菜だろ







そして、天津駅に向かいました。しかし、道が渋滞していまして、予定の列車に数分の差で乗りそびれました仕方なく次の列車まで1時間待つことに・・・
余談ですが、天津駅のトイレは扉がなかったです

夕方北京に着いて、紫禁城などを見てから、やはり有名な北京ダックの店「全聚徳」へ。
和平門にある本店が有名らしいですが、観光客の団体ツアーコースが多いので、味が落ちています。と聞き、王府井店に行きました。

まずは「家鴨の舌冷菜と鴨肉と松の実の炒めレタス包み」
舌は紹興酒で漬けてあり、これも酒飲みのつまみです。
じゃがいもの千切りを鳥の巣に仕立てて揚げた中に鴨肉と松の実と野菜を炒めたものも美味しかった。
家鴨の舌冷菜鴨肉と松の実の炒めレタス包み







そして、家鴨の心臓の揚げものがきてから、焼きたて北京ダックが運ばれてきました。
心臓はきちんと血抜きしマオタイ酒でつけてあるらしく臭みも全くありません。

家鴨の心臓揚げ焼きあがった北京ダック







一羽198元(=3000円)。普通のお店だと98元(=1500円)位だそうなので、差の100元は「有名税」だと思っていいでしょう。しかし、それにしたって日本と比べると安いです。
一羽から少ししか取れない胸の皮の部分は特に旨みが凝縮して美味しかったです。その他のお肉は包餅で頂きました。鴨スープも美味しかったです。
胸肉の皮肉厚の焼鴨








でもさすがに全部は食べ切れません。個人的にはニンニクスライスと唐辛子が欲しかったです。その方があっさり食べれるので。

頭の脳みそも鴨スープ







食したのは、1864年開店以来、115,292,341匹めのアヒルだそうです。一億ちょっと。なあんだ、140年もかかって、日本の人口も追い抜いてないじゃん、なんて思ったのですが…
1億何匹目・・・!?







創業143年ということですから、単純計算×365日で51,200日。
休みなく毎日営業し、コンスタントに北京ダックを売り続けてきたとすると…一日あたり2,250匹を捌いている計算になります。
そう考えると凄いかも・・・
鴨で有名なトゥールダルジャンは今何匹目なんだろう?と余計な事も考えてしまいました。


お宿は「セント・レジス北京」
ホテルは全室改装中で、アパートメントスイートを開放していました。
でもちゃんとバトラーがついてくれるサービス。
80平米近くはあるでしょうか。普通のマンションみたいな造りですが、広いです。キッチンもついているので、長期滞在向けですね。


リビングベッドルームキッチン







次の日食べた海鮮やきそば。なんと一匹のお魚を・・・
海鮮やきそば







それにしても、一口に中国料理といってもいろいろなタイプがありますね。南淡、北鹹、東酸、西辣という言葉に示されるように、南はあっさり味で、北は塩辛く、東は酸っぱく、西は辛いという特徴があります。
さらに地域ごとの特色的な料理も細かく分かれていますし、食文化百家争鳴!

あと、人が素朴で親切で温かかった。知らない人でもすぐに話しかけてくるし、駅の階段で重いスーツケースをあくせくしていたら、子供でも手伝ってくれました。タクシーの運転手のおばさんも、帰りいろいろ案内してくれたり、荷物持ってくれたので、チップを渡そうとしたら、「いらないよ、気をつけて。またおいで。」って。

北を漂う、南を下る・・・
今までは南しかいったことなかったのですが、帰国してから、また北を漂いたい気分になりました。


人気ブログランキングへ

ranmarun at 04:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

万里の長城と天津3

人類史上最大の建造物と言われる万里の長城にも行きました
人工衛星からも見えるそれは、山を縫い、砂漠を走り、総延長は6300kmにも及ぶそうです。北京市内から車で1時間半、八達嶺長城から登りました。
左に男坂、右に女坂とあり、男坂は勾配が急らしく女坂を登りました。
万里の長城絶景延々と続く道







とはいえ、石畳の坂と階段は下から見るよりかなり急です。雲ひとつない快晴の天気でしたが、寒いし、風も強いし手すりにつかまらないと吹き飛ばされそう・・・上り下りを3キロほど歩いて100段近くの階段を上がった後、展望に辿り着きました。
観光用滑走車というのもありましたが、ジェットコースターのようですね^^;乗ってみたかったけれど、歩いて戻ることに・・・
油断して踵の高い12センチのブーツで来てしまったので、下りはつんのめるように怖いですスニーカーで来ればよかったと後悔。でも山々を全貌できる景色は圧倒的でした


午後、お腹がぺこぺこだったんですけど、移動してイ和園へ。
人口湖らしいですが、西太后が愛したビッグスケールな離宮庭園です。十七孔橋も美しい。
そして、700メートルの回廊には色鮮やかな壁絵が描かれていました。


美しいいわ園壁画の回廊.屋根の上の狛犬







屋根の上の建築にも興味あり。狛犬みたいな彫刻は数が多いほど権力があったとか?あまりにも腹ペコだったので、ここでお昼を食べました。宮廷料理ということでしたが、ツアー向けのお店なので味は普通。
このヨーロッパ建築の石の船は素敵でした。

昼食はここで・・石の船橋








この後は、電車で天津へ移動しました。
北京駅から70分。
オリンピックを控え、開発特区。駅もビルもホテルも沢山立つ予定でもどこも工事中。タクシーで、街へ向かいました。道路は渋滞していて運転手が居眠りをはじめた時にはちょっと不安でした

ホテルは「シェラトン天津」大きなホテルで、ウェルカムスイーツやアメニティーも充実していました。カクテルラウンジもあったけど、忙しくて利用できなかったのが残念・・・

夕食接待で行ったお店は名前は忘れてしまったのですが、かなりの高級店でした。四川料理風。8人で会食。 いずれも中国語での名前はわかりませんが、とても美味しい♪まず前菜が何品か運ばれてきました。

「排骨肉揚と辛し蓮根梅酢漬けと鶏もみじの冷菜」
四川というか東北料理にも近い料理です。
排骨蓮根の肉詰め梅酢漬け鶏もみじの冷菜








「豚フワの辛し冷菜とミミガーの冷菜」
フワは豚の肺です。初めて食べましたが、このなんともいえない食感と薬味たれが食欲を増進します。ミミガーは赤い辣油につけてありますが、思ったほど辛くありません。お酒もすすむ二品・・・

フワの辛し和えミミガーの辣油和え







そして「あっさり青菜とつみれスープと豚肘肉の煮込み」
つみれ団子はまろやかなだしが出ていました。豚肘肉とじゃがいもを醤油と生姜と砂糖で煮込み、肉じゃが風!?和食に近い味です。コラーゲン質がたっぷり含まれぷりぷりしています。
しかし、すごいボリューム!お皿はどれも大皿ですから・・・
つみれと青菜豚肘肉の煮込み







「水煮牛肉と海老と蟹卵の茶碗蒸しとかぼちゃの春巻」
水煮牛肉は北京で食べた方が美味しかったな・・・なぜか皆残していました。
茶碗蒸しとカボチャの春巻きは唐辛子で麻痺した舌に優しいです。

水煮牛肉蟹卵と海老の茶碗蒸しかぼちゃの春巻







そして、日本にないものを食べたいんですけど、とオーダーしたら「ウシ蛙と赤唐辛子炒め」
これが一番美味しかったです。中国セロリとプチトマトみたいな赤唐辛子と生蛙。
蛙はプリプリ食感でちた。ここの名物は田鰻の煮込みや唐揚げもあるそうなんですが、季節的になかったです。これご飯にかけて食べたくなる旨みたっぷりの味でした。

うし蛙とセロリの辛し煮込み









で、更に名物の「水煮魚」
赤い油のスープではなく、透明です。川魚を山椒や八角などのスパイスを入れ、特製スープと胡麻油で煮ます。あっさりしているけれど身はぷりぷり。 これも絶品でした♪

水煮魚







お店の名前を忘れてしまったのが残念ですが、どれもただ辛いだけでなくいろいろなスパイスとスープを調合した旨みとこくがあり、全部違う味に仕上がっています。
ここで頂いた白酒はこれらの料理の倍の値段という貴重なものを頂きました(汗)
中国ではお酒は高いと聞いていましたが、後で聞いたら中国人の1か月分のお給料分もする1本だったとか・・・

そんなすごいお酒だとは知らず、ぐびぐびイってしまったなあ・・・(滝汗)

人気ブログランキングへ

ranmarun at 02:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 09, 2007

新紅資客賎と新紅資倶楽部@北京4

晩秋の最中、北京に行ってきました。

人気ブログランキングへ

来年のオリンピックを控えて、ホテルラッシュですが、あえて郷愁漂う四合院建築の宿に泊まることにしました。毛沢東ファンのアメリカ人オーナーが、中国の伝統的な建築様式である四合院を活かして、5部屋のみの隠れ家的なホテルとした「新紅資客践」
扉門四合院造り








胡同の雰囲気いっぱいの街中にありました。赤い門をくぐると小姐が案内してくれました。清代は学者の家、解放後は共産党幹部の私邸だったそうです。中庭の雰囲気がとてもいい感じ。ノスタルジーを感じます。
お部屋は、キッチュな置時計や電話。アンティークな天蓋ベッド。透かし格子やレリーフも見事です。TVも一応ありましたが、こういう雰囲気ではやはり本を読みたい。。。夜な夜な読書に励みました。

寝室アンティークな家具バスルーム








水回りは熱いお湯がなかなか出なかったり、シャワーだけなので多少不便を感じますが、気にしなければお洒落&ノスタルジーな空間と雰囲気を楽しめます。
金魚鉢とかあって、とっても癒されました。フロント&ロビー(といえるのかわからないけど)書物がぎっしり。ビロードのソファも味があります。

夕刻小腹が空いたので探索しながら食べたのは、ヤンドゥオタンという羊のレバーとか胃袋とか内臓をぶつ切りにして煮込んだスープ。ちょっと臭みはあるけれど、ニンニクや唐辛子のペーストを入れます。体が温まり肝臓にも効きそうです。
羊湯







四合院での朝は、日の出と小鳥のさえずりと共に目が覚めました。
塀の外に出ると、そこは庶民が暮らす町並み。
新聞売りのおじさんや熱々の湯気が漂う点心のお店。行きかう自転車。
情緒を感じました。

朝食は宿でとりました。シンプルにパンとお茶とフルーツですが、ラタンの器がいい感じ。
朝食







胡同をいろいろ観光して、夕食は、泊まっている宿の系列レストラン「新紅資倶楽部」です。
赤い指導者達が集まったという、こちらもアンティークな雰囲気。 看板はありませんが、入り口に黒塗りのストレッチリモが停まっているのが目印です。

新紅資倶楽部内装50年代のリモ







ここで味わえるのは、中南海料理。政府関係者以外はなかなか食べる機会がない料理だそうです。毛沢東や小平ほか、そうそうたる中国の指導者が好んだというメニューは、色鮮やかで精巧な細工を施したものばかり。お皿の上に描かれたひとつの芸術といっても過言ではありません。なんでも川島芳子の旧宅だったとか。実は私が行ったとき、ある怪奇現象もあったのですが・・・(謎)

そのメニューのひとつひとつには、独特の名前がついていました。「康熙排骨」「慈禧太后焼餅」「主席三鮮豆皮」から「林彪飛機」なんていう危ないものまであってよくわからないわ(苦笑)

夕方から夜へ・・・毛沢東の席







「Dragon in Repose」胡瓜の甘酢漬けですが、龍に見立ててあるそうです。
随分太くて長い胡瓜なんですけど、結構美味しいです。まろやかな甘酢がクセになります。 
胡瓜の甘酢漬け







「Raising Red Lanterns」と「Seasonal soup for each」
赤いランタンのように盛り付けた海老は、ナッツと胡麻のソースで。季節のスープは酸辣湯でした
海老の胡麻ピーナッツソース酸辣湯







「Courtesan's Midnight Delight」と「牛肉と栗の豆鼓炒め」
「情婦の真夜中の喜び」が厚揚げ豆腐の醤油煮です。Emperor Qian Long's Concubine's favorite moonlight bite due to its high protein and low fat aliments
独特な味付けで美味しかった。直訳すると大好きな月光の噛み味??

牛肉と赤ワインは毛沢東の好む料理。石造もあり・・・
厚揚げの醤油煮牛肉と栗








「Jade Tree of Gold Coins」
は翡翠木をイメージした料理。周恩来も好きだったアスパラガスと鮑と人参と上湯煮込みのソースで。野菜好きもあるのですが、これも美味しかった。
「Xiaoping's Spice of Life」肉料理は結構濃い味でした。香辛料で漬けた鶏肉と青菜を揚げた料理。

鮑とアスパラガスと人参と・・鶏肉と高菜炒め








最後は、大きな万願寺唐辛子のような野菜に豚肉を詰めた「Ginger pork」ピーマン肉詰めですね。やっぱり白ご飯が食べたくなって頂きました。味は,
山西料理を食べやすいようにアレンジしたそうです。しかし、紹興酒は一切なく、シャンパンやワインリストがびっしり・・・富豪層は飲む酒が違うのか〜しかも高いので、あきらめてマオタイ酒を1杯だけ飲みました。

ここの中庭は元防空壕で現在ワイン貯蔵庫に使っているらしく、まあ好きなようにやってくれという感じです^^;

青唐辛子の挽き肉詰め









で、食後は玄関に停めてあるリムジンでドライブ
50年代のストレッチリモ。年代物なので、寒い北京ではエンジンがなかなかかかりません。大通りに出るまで何回もエンストしました・・・赤旗をなびかせながら走る黒いリモ・・・エンジン音のドボ・・ドドド具合がやっといい感じになり。シャンパンとキャビアが付くというセッティングでしたが、お腹いっぱいでパス。この車はマオ夫人の愛車だったとか。
マオ夫人の愛車天安門のライトアップ








時速30キロぐらいで北京の大通りの夜景をぬけ、1時間くらい周遊。あまりにも遅い運行なのに、赤旗と黒塗りのリモには誰もクラクションは鳴らしませんでした。
天安門や故宮のライトアップは綺麗でした☆

帰りは、ホテルまで人力自転車で送ってくれて・・・
あ、値段は高かったですけど、面白い経験をしました。

隠れ家宿、隠れ家レストランでタイムスリップ〜

人気ブログランキングへ

ranmarun at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)