クスコ

November 14, 2018

Parasio del Inka ・Pucara@ペルー クスコ

クスコの町に戻ると夜19時を回っていました。
泊まるホテルは「パラシオ・デル・インカ、ラグジュアリーコレクション」。サントドミンゴ教会にほど近く、ペルー最初の統治者フランシスコ・ピサロの邸宅だったと言われている建物を改装したホテルです。

47576645_2054180561294461_3112865306842759168_n



















大きな扉をくぐり中に入ります。

47579578_2054180587961125_4555615117298892800_n



















ロビーラウンジは、大きな蝋燭が灯された薄暗く落ち着いた雰囲気。奥にはパティオがあり、それを囲む美しい石造りの建物です。ホテル内には、いろんな装飾品があり、ホテルツアーやバーでのピスコサワーのサービスもあったのですが、もうへとへとだったのでパス。ここは歴史的な建物だったので、もうちょっとゆっくり過ごせれば良かったのですが。

47489920_2054180617961122_6303498714635829248_n

























お部屋はジュニアスイートルームにUPグレードされました。部屋も薄暗いけれど、コロニアル風のスタイル。

47510966_2054180627961121_2359165981676273664_n



















バスルームは大きなバスタブがあり、アメニティはGil Christ&Soames。ロンドンのコスメメーカーのものでした。

47511154_2054180664627784_5251145789115203584_n



















ベッドルーム。高地きたせいかかなり疲れていたので、早くベッドに横になりたいけれど、夕食に向かいます。

47573723_2054180657961118_8916676913397760000_n



















ホテルの横の見事な石組の壁と石畳の路地を通ります。クスコには、こういういった細い路地が沢山あるのですが、側面に隙間なく積まれた石はカミソリの刃も通さないというくらい精巧に造られ、角を落として丸みをつけたり、大きさや角度を変えて耐久性を高めたりと高度な技術力が見られました。
別の通りの石畳には、有名な12角の石、14角の石もあります。これらの石組みは、1650年、1950年、1986年とクスコを襲った大地震にもびくともしなかったので、そのままの姿が残されています。

47687002_2054180704627780_3002438253098827776_n



















スペイン式の町造りは、まず中心にアルマス広場とカテドラルを配置することから始まったのですが、インカ帝国時代の町造りも広場が中心だったようで、ワカイパタとハウカイパタという二つの広場があり、その二つの広場をアルマス広場として、広場を見下ろすようにカテドラルを建設したそうです。
この広場は、夜でも観光客が沢山います。

47357571_2054180741294443_2044993564970057728_n




















アルマス広場のカテドラル。インカ時代のピラコチャ神殿を取り壊して建てられた大聖堂です。1550年の着工から100年の歳月を費やしたそうで、堂内には、金色の装飾と300トンもの銀を使った豪華な祭壇があります。400近くある宗教画の中でも、メスティソの画家マルコス・サパタが描いた”最後の晩餐”のごちそうはクスコ名物のクイ(テンジクネズミ)だそう。夜遅くて見れなかったけれど。

47571789_2054180711294446_4205181240900321280_n



















そして、アルマス広場の近くにある「Pucara」に行きました。
ここは1988年にオープンした老舗でオーナーシェフは日本人。

47480420_2054180791294438_8311129568824000512_n



















メニューはペルー料理全般でスープ類が豊富ですが、かしわうどんやかき揚げうどんなんかもありました。

47374241_2055293547849829_8856552108602687488_n

























プカラという店名は、クスコ郊外にあるプカ・プカラという遺跡からとったのでしょう。

PB100434



















まずはクスケーニャのビールで。

PB100432



















Sopa a la Criolla

Criollaとはアメリカ大陸の白人文化が入った料理で、このスープは、玉ねぎや人参、グリーンピースが入ったクリームスープでした。ほんとはSopa de Ajoを頼みたかったのですが、ニンニクが苦手な方がいたので。

PB100436



















スープには、フィデオ(細麺パスタ)が入っています。まろやかな美味しさでした。

PB100437



















Anticucho Alpaca

アンティクーチョ(串焼き)はアルパカがあったので頼んでみました。スパイスで味付けしたアルパカはくさみはないけれど、思っていたよりパサパサで硬かったです。

PB100439



















Seco de Pollo

鶏肉をハーブと一緒に煮込んだアンデス料理。柔らかく煮込まれた鶏肉とじゃがいもが美味しい。
鶏肉料理には定評があるようなので、アヒ・デ・ガジーナを頼めばよかったかな。

PB100440



















最後はピスコサワー。観光客メインで日本語メニューもあるお店で、味は普通に美味しい。

PB100442



















PB100433



















ホテルに戻って、お部屋のテラスから見えるクスコの夜景も綺麗でした。

PB100445




















「Parasio del Inka  Laguary correction」

Plaszoleta Santa Domingo 259,Cusco,Peru

「Pucara」

La Calle Plateros 309 ,Cusco,Peru

084−22−2027


ranmarun at 20:00|PermalinkComments(0)

November 13, 2018

MIL〜Vol.1〜 クスコからモライ遺跡までの道のり@ペルー クスコ

リマからクスコへ。
クスコへは、リマの空港から1時間半のフライト。さすが観光地だけあって、クスコ行きのカウンターは大行列。リマのホテルにスーツケースを置いて、預け荷物はない身軽な恰好で来たので、機械のチェックインですんなり航空券を発券できましたが、預け荷物があったら2時間以上はかかるだろうなという混み様。そして、10分おきに飛行機が出るので、搭乗口も人が溢れんばかりのカオスな感じ。

クスコでは、後日マチュピチュにも行きますが、「MIL」というお店が今回の目的の一つでした。
前日行った「CENTRAL」のヴィルヒリト・マルティネス氏がアンデス高地の食材を研究するラボと併設して半年前に造ったレストランです。

クスコの空港に着くと、海抜0mのリマから標高3000m以上の高低差なので、幾分空気が薄い感じがしました。事前にリマの薬局で高山病予防の薬を購入して飲みましたが、これが利尿作用がひどくて、水分取っていないのに、すぐトイレに行きたくなるw 結果的には、12時間後に薬が切れても高山病には何も問題なかったので、飲まなくても良かったみたい。

さて、クスコに着いて、「MIL」への移動はさらに車で1時間半ほどかかります。タクシーの客引きを押しのけてUberで移動。タクシーだと通常120ソルくらいかかりますが、Uberだと50ソル。後で戻り賃の30ソルを要求されましたが、それでもタクシーよりは安いです。今回の旅行では、メキシコでもペルーでもUberにだいぶお世話になりました。

・



















途中クスコの町を通ると、露店の市場みたいなところでは、野菜や穀物、果物、織物などが売られていました。

・



















坂を上っていき、山の上にも沢山住居があります。

・



















そして、赤土の大地と山々が広がります。

・



















3500mくらいの山の頂近くまで来ると、雲が下の方に見えてきます。

・



















坂道を上り下りして、平原地帯。周りの山の頂も下の方に見えます。

・



















車窓からいくつかの町も通り過ぎていきました。

・



















ここはマラスの町。マラスの塩田があるのは有名ですが、壁は土色で、古い造りの建物が並び、石畳が続いています。

・



















さらに坂を上り、モライ遺跡へと向かいます。

・



















塩田を見ることはできなかったけれど、遠くには棚田が見えました。

・



















この辺に来ると至るところにマゲイ(Maguey)という高山植物が見られます。形は巨大なアロエにも似ていてリュウゼツランの一種らしいですが、ペルーでは繊維をとって紐や民芸品の材料にするそうです。

・



















道路を横断する羊の群れ。写真では取り損ねたけれど、アルパカも見ましたよ。

・



















前置きがだいぶ長くなりましたが、クスコから約80匱屬1時間半の旅。モライ遺跡の入り口まで来ました。
ここから先は遺跡の見学者もしくは、MILの予約がないと進めません。

・



















Uberの運転手に食事が済むまで3〜4時間くらい待ってくれたら、あと100ソル払ってクスコまでどう?と聞いてみたけど、う〜んと考えながらやっぱり帰りますと。いい仕事だと思うけど、まあ、そうだわね。運転手にはありがとうと言って、ここでさよならしました。

・




















車を降りて、丘に上がると眼下にモライ遺跡が見えました。Moray(モライ)はケチュア語で丸くくぼんだとところという意味です。コロシアムのような同心円形状の段々畑が広がっていて、周りには階段状になった円形の石垣があり、それぞれ通路と水路が作られています。上から見ると距離感はよくわかりにくいのですが、小さな円でも東京ドームくらいの広さがあるというので、かなり大きな遺跡です。

・



















この遺跡はインカの農業試験場だったと考えられていて、下に行くほど土壌の温度が高くなり、上に向かうほど低くなっていき、その高低差は100mあるそうです。方角によっても日照時間が異なるため、同じ高さでも土壌の温度は場所によて変化するようです。こうした様々な条件で異なる微小気候による作物の発芽具合、成長具合や暦を重ね合わせ、いろいろな農作物を育てて、どの環境がどの作物に適しているか研究していたと言われています。

・



















その周りにも大小のサークルがあり、より厳しい環境に耐えられるような品種改良も研究されていたと言われています。

・



















そんな遺跡が見下ろせる場所に、レストランを造ってしまったヴィルヒリオの熱心な行動力とパワーは凄いなあ。

・



















そして、「MIL」へと向かいます。
ここでは、事前に連絡を取っていた藤田さんが迎えてくれました。
東京大学大学院博士課程で文化人類学を専攻している方で、研究員としてこちらで働いています。
この後、彼に案内してもらい、食材や料理を含めいろんなお話を伺うことができました。

・



















とりあえず、トイレ行きたいし(笑)、お腹ペコペコだわ〜。

・




















続く・・・

「MIL」



ranmarun at 12:00|PermalinkComments(2)