ドラス

September 28, 2015

Bar DRAS@浅草

「Bar DRAS」に行きました。
「ドラス」とはゲール語で扉という意味だそうです。

ドラス





















入り口の木の扉を開けて中に入りました。

扉





















薄暗い店内のカウンター席に座ります。
沢山ボトルが並ぶ棚の下には、アンティークグラスが輝いています。

・





















初めての訪問だったので、おまかせで。
フランス料理のコースのようにお酒を出してくださいます。
まずは、アペリティフかな。

巨峰のカクテル

巨峰のジュースとコニャックを1対1の割合で作り、スプモーニ風に泡立てて仕上げてあります。
かなりアルコールは強いはずなのに、巨峰の果実味がコニャックを優しく包み、
強いと感じない優しい口あたり。

・





















ジントニック

ジントニックってシンプルなだけにバーテンダーによってほんと違いがはっきりと出るなあと思います。
口の中に含んだ時に感じる優しいジンの苦みと甘み。
そして、きめ細かな炭酸が喉元までを潤し、後味は綺麗な軟水を飲んだかのようにすっきりと流してくれる。
店主の中森さんは、優しい口調でゆっくりと静かな声で話すとても繊細な方。
そんな彼の繊細さがこの一杯に表れています。

・





















マティーニ

前菜はマティーニ。これまた驚きの一杯。
マティーニもアルコール度が強いはずなのに水のように透き通るような繊細な口あたり。
でもそこには、極上の椀を飲んでいるときのような旨味があり、綺麗に消えていく感じ。
カクテルという料理の世界にも、後に残らない綺麗な味わいは不可欠です。
通常マティーニはオリーブを添えてあることが多いですが、ここでは、メロンのカシスシロップ漬けを別添えで。
途中でこれを食べてから飲むと、逆にジンの特有の香りがきりりと出てきます。
不思議だ〜。

マティーニ





















ジャックローズ

自家製のざくろシロップで作ったジャックローズ。
甘みと酸味のバランスが素晴らしく、綺麗なグラスのフォルムにもうっとり。

ジャックローズ





















自家製オレンジピール

オレンジピールを食べてから飲むと、ざくろの酸味やベースのカルヴァドス(だったかな)
お酒の輪郭がはっきりとしてきます。こういうマリアージュが面白いです。

オレンジピール





















Guy Pinard Folle Blanche 2005 for Bar Dras × shinanoya
Guy Pinard XO 1986 カスクストレングス for Bar Dras × shinanoya

そして、メインの魚的存在としては、コニャック。
10周年記念ボトルの飲み比べをさせて頂きました。
前者は、コニャック地方でも1%しか育たないというフォル・ブランシュという希少品種の葡萄を無農薬で作り、
手摘みで収穫したもの。フォル・ブランシュは、皮が薄く密集して実が生るので、手摘みでないと皮が壊れてしまうそうですが、実際に中森さんもこの畑に摘みに行ったのだそうです。
その中でも完熟した葡萄だけを厳選して収穫し、造ったコニャックは、コニャックらしくないフレッシュな果実味と
甘い蜜や葡萄の香りがありました。

・





















そして、後者のコニャックは、いろいろ飲み比べをした中、
86年というギィ・ピナールでも2番目に古い樽で作られたものだそうです。
その樽で28年熟成して、78度から47度までアルコール度がこなれて作られたもの。
詳しい技法とかは、私は素人なのでよくわかりませんが、ステンドグラス風のグラスから口に含む前の香りの
ファーストインプレッションは、ヘーゼルナッツのようなナッティな香り。
そして、口に含むと、無花果のような甘みやウッディな樽感、濃厚なカカオのような舌触り。
後味に栗がきました。飲んだ後に鼻に抜ける甘い香りは、マロングラッセを想像させます。

・





















普通はコニャックやアルマニャックなど強いお酒はチェイサーでお水が出されますが、
水を飲んでから口に含むと、舌がピリピリしたようなえぐみが感じられ、
先程のまろやかな甘い香りが一気に消えました。
口の中に水分があると苦味だけが残る味わいになってしまうそうです。
なので、アメリカやアジアなど、氷で割ったり水と一緒にして飲むような国に大量生産で輸出する大手メーカーのコニャックは、フランスの規定内の5%の砂糖やカラメルを加えているのだとか。

・





















シャルトリューズの水羊羹

そこで出してくださったのが、シャルトリューズの水羊羹。
口内に水分があるほど、コニャックは相性が悪いそうです。
水羊羹を食べることにより、口内の水分を除去した後、豆の甘みとまったりした中でコニャックを飲むと、
綺麗な葡萄だけの甘みが伸びていくそうです。
早速食べた後に、コニャックを飲んでみると、香りと甘みがすーっと広がっていきます。
なるほど、不思議です。それにしてもこの水羊羹美味しいな。

水羊羹





















Tomatin 1976 Cask.No31

1976年蒸留で瓶詰2015年。メイン肉的なウイスキーです。
ウイスキーフープという全国100人で結成した会の中で、
自分達の流通だけで市場に出回らないかつ価格高騰を抑えたという希少なもの。
最初は還元香のようなツンとした後からどんどん香りが変わっていき、
ウイスキーでないような、パッションフルーツとか南国フルーツのような香り。
その後はまろやかな樽香か香ってきます。
この後で、羊羹を食べるとじわっとした古酒のウイスキーの甘みと華やかな香り。
ストレートな華やかさというよりは、妙齢な熟女が演じ枯れ感の中にある複雑味のある華やかさ。
そこがいい味だしてます(オヤジ的に笑)

・





















Cadenhead’s 1993  Bowmore Distlley

ここで、さらにウイスキー。モルトの世界は深いけれど、私は独特のピート香が苦手でして
今までいろいろ試して駄目だったので深入りすることは無かったけれど、
苦手なアイラ系のピート香が一発でイメージ変わっちゃいますということで。
でも、希少なもの。一口なめるくらいで。それは、最初上品なマンゴーの香りでした。

・





















そして、すかさずマンゴーを出してくださいました。にくいです。
白ワインに7%ボウモアの香りを漬けて、これは融合ですね。
マンゴーを食べてから飲むとピート香がスパイスの香りに変化して、旨味に変わる。
克服しましたね〜と言われましたが、こういうマリアージュをしてくれて、上質なウイスキーだからこそ。
ここで、合わせて飲ませてもらったこそです。メインのウイスキー深かった。

マンゴー





















そして、最後はドルチェ的なカクテルで〆。

ブランデー、卵黄、ポルト酒のカクテル。
濃厚でとろりとクリーミーです。

・





















自家製の生チョコ。

ショコラ





















KUMMEL BOLS

キュンメルとはドイツ語でキャラウェイ(ひめういきょう)のこと。
キャラウェイベースにアニスやクミン、レモンピールで香りつけた薬草系リキュール。
これを使ったカクテルでしたが、詳細は忘れました。

・





















いやー飲んだ飲んだ。フルコース頂いたので最後の方は酔っぱらい、
素敵な中森さんの写真がブレてしまいましたが、
いろんなお話を聞かせて頂いて、大変勉強になりました。
そして、時間を忘れるほど楽しくて、気が付くと最後の客でした。
遅くまでありがとうございました。また行きたいです!
11月にはコニャックマラソンにも出場するそうで、頑張ってくださいね!

・























「Bar DRAS」

東京都台東区花川戸2−2−6

03−3847−5661




ranmarun at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)