フランツェン

June 18, 2019

Frantzen〜Vol.1〜@ストックホルム

「Frantzen」に行きました。

以前旧市街のガムラスタンにあったお店は、2016年の夏にクローズ。
1年後の2017年の夏に、ストックホルム中央駅の近くに移転し、新たにオープンしました。

66734508_2379485445430636_6510061803777556480_n

2018年にはスウェーデンでは初のミシュラン三つ星獲得。
今年2019年には、OAD1位を獲得していました。
表の窓には、金色のねずみの置物がお出迎え!?

66382423_2379485352097312_6343640939273125888_n


私達が前のお店を訪れたのは、2015年の11月。
その時は、寒い季節でしたが、トラッドなグレーのコートと帽子をかぶった老紳士のドアマンが迎えてくれたのが、印象的でした。
最近ではドアマンがいるお店もほとんどなくなりましたが、その時聞いた限りでもストックホルムでは旧Franrzenだけでした。

新しいお店はドアマンはもういないけど、以前のお店の雰囲気を残しているようなドアを開けます。

66463384_2379485348763979_1725841292597919744_n


ドアを開けるとそこは以前のお店とは別の空間が広がっていました。
1階のエントランスは、入ると右側にはウェイティングスペースがあり、左側には、肉の保冷庫のショーウィンドウが、目を惹きました。

62392770_2379485428763971_6921071104349962240_n


聞くと左に吊るしてあるハムは、一年半物だそう。

66132658_2379485545430626_5982340997479137280_n

右は100日めくらいのベーコン。

66264310_2379485485430632_6726707414545989632_n

その下にもいろんな燻製肉が・・・

66409941_2379485518763962_8319035684492935168_n


上着を預け、暗い通路を奥に進むと左にエレベーターがあります。

66367597_2379485662097281_8718955748874256384_n

エントランスからレストランのボタンを押すと、エレベーター内はかなり真っ暗。
ここで、街中の喧噪をリセットさせるように、ゆっくりと上に上がっていきます。

66482430_2379485672097280_1816513408040697856_n

エレベーターのドアが開くとそこは、まだ夕方の光が差し込む屋上階でした。

66022020_2379485735430607_2263812635348697088_n

サイドには、いろんな食材を漬けている瓶が並んでいる棚が。

P6120694


そして、光が差し込む広いラウンジの空間。
以前は、入るとぎっしりと狭かったテーブル席とカウンター席にオープンキッチンでした。
それはそれで勢いがありましたが、まずはくつろぎの空間を作ることで、都会の喧騒から離脱した時間を過ごせるように設計したのでしょう。

66501581_2379485808763933_2499976398576287744_n


まずは、アペリティフでシャンパンと思ったら、クーラーには、クリュグやジャック・セロスのイニシアル。一杯でもかなり高価な値付けでした。

66176954_2381157668596747_7873201874256527360_n


ノンアルコールの方には、ハーブとお茶をブレンドしてくれたり。

66350713_2381132101932637_3655973907220922368_n


Legras-Haans  Millesime 2011  

無難にこちらを。
キレのいい泡とすっきりとした果実味で飲みやすいです。

P6120688


タブレットのワインリストを見ると、結構高価なリストでした。

P6120699

シャンパンは、ジャック・セロスやサロンが沢山並んでいて、ラインナップは凄いけどケタが違うw
目の保養になりました(笑)

P6120700



まずは、いくつかのスナックが出てきます。

Cheese croustade  stracciatella,broccoli,ikura,toasted nori

チーズのクルスタード。
stracciatella(ストラッチャテッラ)は、イタリアでは粒々のチョコチップが入ったミルクジェラートですが、ここでは、チーズクリームにブラッククスクスを練りこんだものでした。上には、ブロッコリーをほぐしたものとイクラ。toasted noriは、極細にスライスした昆布と海苔のフライをのせて。
最初の一口から複雑な組み合わせですが、食べると美味しさが広がります。

P6120697


Sweet corn macaron whipped foie gras,licoroce,salted lemon, bronze fennel & toasted oats

スイートコーンのマカロン。
ホイップしたフォアグラのクリーム、リコリスのパウター、花のチュイル、塩漬けレモンのクリーム、ブロンズフェンネルとオーツ麦のチュイルが重ねてあるミニハンバーガー。

P6120701

Raraka

Raraka(ララカ)は、細切りにしたジャガイモを薄焼きにしたハッシュドポテトのような生地に、魚卵やサワークリーム、レッドオニオンのみじん切りなどをのせたスウェーデン料理。
それを極薄に筒状に作ったクリスピー生地にサワークリームとランプフィッシュの卵を詰め、赤ワインビネガーに漬けた小玉ねぎとガーリックスプラウトをのせて、一口で軽く食べられるように再構築したもの。

P6120702


Celeriac   preserved truffe ,argan oil , nutmeg & swedish maple syrup

根セロリのタルト。
アルガンオイル、ナツメグとスウェーデンのメイプルシロップで煮込んだ角切りの根セロリ
とそのクリーム。削ったオーストラリアの黒トリュフをと金粉をのせて。
もうオーストラリアの黒トリュフが入っているんですね。

P6120703


窓辺には、ダーラへストというスウェーデン・ダーラナ地方発祥の木彫りの馬の置物が飾られていました。

P6120691


スナックを楽しんだ後は、順番に奥のカウンターに案内されます。

66692049_2381157678596746_7713842086310576128_n

このカウンターでは、この日の料理に使う食材の説明をしてくれます。

67128642_2381132201932627_1287122104277270528_n


まずは、最初に出されるというノルウェー産の大きなラングスティーヌ。
日本のコシヒカリ米のライスパフをつけて揚げるそう。

P6120705


そして、大きな金目鯛はスウェーデンのゴットランド島産。
ゴットランド島はいつか行ってみたいリゾート島ですが、近海に立派な金目鯛がいるんですね。
魚はその他に、アイスランドのオヒョウやノルウェーのアンコウなども出てくるそうです。

P6120712


ノルウェーの帆立とスペインのマテ貝、ノルウェーのキングクラブ。
ミョウガは日本から空輸したものだそうです。スウェーデンのビネガーでピクルスにしたもの。

P6120713


豚バラ肉を燻製して100日寝かせた豚節は、鰹節の削り器ですりおろして使うそうです。
下のショーケースにあったものですね。削ったものは茶碗蒸しのダシに使うそうです。

P6120707


ここで使っているキャビアは、ロッシーニキャビアというゴールデンキャビア。
オシェトラのゴールデンキャビアを薄塩で、中国で加工しているそうです。

P6120710


インゲン、ワサビはイギリス産。
茸はデンマークのモリーユや欧州ではあまり見ないシメジもありました。
菊芋はアメリカ産。

P6120708

フランスのホワイトアスパラガスは、レモングラスやケフィアライムと一緒に茹でてから調理するそう。

P6120711


キャビアライムとスプルース。
赤いキャビアライムは初めてみました。だいたいが、グリーンか薄いピンクですが、熟すとこういう色になるそう。


P6120715


香港のXO醤も料理に使うそうです。
旨味の塊のようなものですから、魚や肉に合わせてもばっちり。
こちらはかなり唐辛子を利かせている感じですが、どんな料理に使うのかな。

P6120714

メインのお肉は、フランスの仔羊を使うそうで、下のショーケースで17日〜20日寝かせているもの。


果実はデザートに使う大粒のブルーベリー。
お茶でコンポートして使うそうです。

P6120718


そんな感じで、今宵の料理の食材説明を聞いた後には、ソムリエが店内を案内してくださいます。
シャンパングラスはもう空だったのですが、再び注いでくれました。

入り口にあった瓶達のライブラリー。
色んなフルーツや花、ハーブなどをビネガーや砂糖などに漬けているそうです。
それぞれの色合いが綺麗で、発酵というよりは、酢漬けやコンポートで保存しているという感じでしょうか。2年物あるそうですが。

66528067_2381132085265972_784634359691870208_n


そして、屋上のテラスへ。
ガムラスタンの西側にある、リッダーホルム教会が見えます。

66325511_2381132241932623_4302103285378056192_n

新市街には、以前になかった高層ビルの建築ラッシュ。

66117218_2381132268599287_1147966963478167552_n


そして、階段で一つ下の階におります。
降りるとすぐ前にあるのはワインセラー。

66579681_2381132411932606_413992541906534400_n

高級シャンパンやワインが鎮座しています。

66378369_2381132471932600_949551019275059200_n


食在庫があるキッチンも見学しました。
ここにはメインキッチンが二つあり、仕入れた食材をここで捌いたり、仕込み作業をするそうです。
ここにいる彼はオーストラリアから来たそう。
今は綺麗に片付いていましたが、朝は6時半に来て仕込みしているそうです。
そうやって絶え間なく働いているスタッフ達の支えによってレストランが成り立っているわけですね。

66302529_2381132405265940_5393808054179332096_n

いろんなスパイスやドライハーブなどがきちんと仕分けしてあります。

66408597_2381132371932610_9223326359877582848_n

上にはもう一つのキッチンが見れるモニターもありました。

66272893_2381132398599274_8552133889043202048_n


そして、暖簾くぐりダイニンルームへ。


66408592_2381157825263398_4206767728805019648_n


想像していたよりかなり広く、最新の機材がそろったキッチンです。それを囲むようなL字のカウンター席。
以前は、狭い通路のカウンターで男性のスタッフ達がわさわさと動いていましたから、スペースが広く動きやすくなったでしょうね。

67143628_2381132491932598_4174142272461340672_n

薪火のスペースや蒸籠をのせた蒸し器などもあります。

66696181_2381132501932597_8688640606978703360_n

団体用のテーブル席もありました。

66454666_2381132578599256_2659302544043409408_n


さて、メインダイニングでは、どんなお料理がでてくるか楽しみです。


「Frantzen」

Klara  Norra Kyrkogata  26 ,111 22  ,Stockholm ,Sweden



続きを読む

ranmarun at 19:00|PermalinkComments(0)