札幌

May 05, 2017

Bow Bar@札幌

いつもの流れで食後は「Bow Bar」に行きました。

Chateau de Lacquy 2006

Bow Bar×Shinanoyaのジョイント最新作ボトルだそうです。
アルマニャック最古の家族経営の「シャトー・ド・ラキー」に訪れて、厳選した一樽は、フォルブランシュ100%の2006年ビンテージ。
力強い葡萄の香りと共に、ペッパーや新緑の香り、柑橘系のニュアンス。そして、濃縮した葡萄の甘い果実味がふんわりと膨らんできます。

・



















おつまみは、えりも牛のコンビーフとミントの葉。

・



















A .Dupuy  1915 ,GELAS 1897

これらも本間さんの名前が入ったBow Barボトルの貴重なオールドビンテージ。
A.DUPUY 1915年は、白い花やフルーツのフレッシュな香りから深く甘い余韻へと移り変わります。
GELAS はなんと1897年、メイプルシロップや蜂蜜の深い香りに、ハーブ系の苦みやシガーのような。
アルマニャックやコニャックの詳しい事はよくわかりませんが、鼻腔からくる香りと口に含んだ時の味わいが時間ごとに複雑に変化して行き、1890年後半〜1900年初頭の歴史の重みを刻々と感じる一杯でした。

・



















Apricot Salti

最後の一杯は、イタリアのアプリコットのリキュール。1949〜59年代のものでしょうか。
オールドリキュールも大好きなのですが、熟成したアプリコットの甘い香りは鼻腔からはフレッシュに、濃縮感のある甘み。けれど後味はすっきりとしていました。

・




















「Bow Bar」

北海道札幌市中央区南4条西2-7-5 ホシビル8F

011-532-1212


ranmarun at 23:00|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

June 06, 2015

the bar nano gould@札幌

トルコ料理の後は、友人夫妻と共に、
「the bar nano gould」に行きました。

Gould





















深夜でも満席だったので、店内の撮影は控えましたが、所々に木の切り株や緑をあしらい、
北欧的なスタイリッシュな雰囲気です。

・





















モンキー47というドライジンの瓶が可愛い。

・





















こちらはフレッシュな素材を使ったカクテルがおすすめです。
微妙に字体を変えて、食材を明記したメニューは、フルーツや野菜、そしてブルーチーズなんてのもある!
どれにしようかと迷います・・・

メニュー





















酒の肴も道産のものがいろいろありました。

メニュー





















ベーコンとトマト

濃度が高いとろとろの甘いトマトジュースにベーコンの香りがします。
トマトジュースはシゼントトモニイキルコトのトマトジュースなのかな。
わずかな黒胡椒の香りもあり、ブラッディマリーというよりアマトリチャーナ味のカクテル!?
料理されたカクテルです。

トマトとベーコン





















ブルーチーズ

更別産のブルーチーズとホワイトチョコのカクテル。
ブルーチーズはそのまま食べるとピリピリした独特の風味が苦手なのですが、
このカクテルはホワイトチョコを合わせて、その甘さと風味で
濃厚ミルキーな大人のデザートカクテルに仕上げてあります。
これは見事にそれぞれの美味しさが融合しています。

ブルーチーズとホワイトチョコ





















シーベリー

気になっていたシーベリーは穂別産。北欧でも出てきたけれど、北海道でも作っているんですね。
酸味の中にミネラル感もあります。

シーペリー





















チーズ

石川農場のアスパラを食べている羊のチーズ(左)と、
ノースプレインファームのゴーダチーズ(右)には錦胡麻をのせて。

チーズ





















焼き菓子

石狩当別で焼き菓子しか作らないという「ナチュール・デ・ショーズ」の焼き菓子。
胡椒のメレンゲ、チーズサレ、海老のグジェール。ミニマムながら完成度が高い焼き菓子です。
大通りのビル屋上で採取し作っているという蜂蜜を添えて。

焼き菓子





















道産食材を使ったカクテルの精密さに驚きながらも、チーズや焼き菓子なども生産者を選び、
ナノ的に合わせてくださる。カクテルはミクソロジーですが、もっと素材のフレッシュ感を感じました。
クレソンも気になっていたので、いずれ再訪したいです。


「the bar nano gould」

北海道札幌市中央区南3条西4丁目 J-BOXビル4F

011−252−7566




ranmarun at 00:30|PermalinkComments(2)TrackBack(0)